【ジャニーズまとめサイト】 当ブログは主にジャニーズ・芸能情報まとめサイトとなります。

ジャニーズWEST


ジャニーズWEST」の重岡大毅が、「ミッドナイトスワン」の内田英治監督がドラマ化する「雪女と蟹を食う」に主演することが明らかになった。テレビ東京で7月クールドラマ24(毎週金曜深夜0時12分~)で放送される同ドラマには、入山法子、勝村政信、久保田紗友、淵上泰史らが出演する。

週刊ヤングマガジン」とWEBで連載されて大人気を博した、新進気鋭の漫画家Gino0808の同名作品が原作。冤罪によって人生が狂い自殺を決意した男と、雪女を彷彿とさせるような謎多きセレブ妻による奇妙な二人旅を描いており、ドラマでも文学的でサスペンスフルなラブストーリーを紡いでいく。

同局のドラマに初主演する重岡が演じるのは、痴漢の冤罪をかけられて失業し、家族や婚約者に見放されて自殺を決意するも、一歩踏み出せずにいる北。テレビ番組を見て、ふと「北海道で蟹を食べてから死のう」と思いつき、図書館で偶然出会った裕福そうな人妻に狙いを定めて強盗に押し入るが、人妻の反応は「乱暴さえしなければお金も性的欲求も満たして差し上げる」というもの。浮世離れした態度と美しさに圧倒された北が事情を話すと、「いいですね、蟹。私も一緒に北海道に行きたい」。死を決意した男と謎にまみれたセレブ人妻の旅路の先にあるものは……。

謎のセレブ人妻・雪枝彩女を入山が扮するほか、彩女の夫で小説家の雪枝一騎を勝村、北海道のホステス・マリア久保田、一騎の担当編集・巡健人を渕上が演じる。また、「ミッドナイトスワン」で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞したほか、「全裸監督」も手掛けた内田監督が軸となり、若手実力派の柴田啓佑と松本優作も監督を務める。原作の旅路を忠実に再現すべく、東京、日航、会津若松、青森、函館、札幌など各地で撮影を行う。

「雪女と蟹を食う」は、7月8日深夜0時12分から放送。

主演の重岡をはじめ、キャスト陣のコメント全文は以下の通り。

重岡大毅ジャニーズWEST)/北(きた)役

――本作の出演オファーを受けた時の感想、原作・台本を読んでみての感想をお聞かせください。

死にに行く話であるとか、彩女との深いシーンであるとか、今までやったことがないテーマなので、チャレンジしなさいってことだなと思いましたし、こうやって僕にオファーをしてくださったということだから、腹決めていかないといけないと思いました。

――テレビ東京ドラマ初主演となりますが、お気持ちをお聞かせください。

テレビ東京さんは、グループとしても以前から挑戦的な企画をやらせてくれていて、今回の「雪女と蟹を食う」もドラマとしては珍しい撮り方をしているし、チャレンジさせてくれています。僕は、そういうチャレンジって結構好きなので、本当にありがたいし、嬉しいです。「一緒にやりましょうテレビ東京さん!」って感じです。

――演じられる役どころについての印象をお聞かせださい。

死のうと思うくらいなので、すごくつらくて、大変で、どん底なんだろうなと思います。自分はそこまでどん底になった経験がないので、どうアプローチしていこうかなというのはすごく考えました。撮影も始まりましたが、自分なりに手応えはあります。

――撮影に向けての意気込みをお願いします。

中途半端なことはしたくないので、自分がやれるだけやったなという状態でクランクアップできるように積み重ねていきたいと思います。そのためにまず、怪我なく元気で。そして、この現場ですいつくせるところは全部すいつくしたろうかなと思っています!

――視聴者のみなさんへみどころなどメッセージをお願い致します。

エッジの効いたドラマになっていると思います。見慣れた感じのドラマではないと思う。特別なドラマって観たくないですか?(笑) 皆さんも日々チャレンジしていると思いますけど、同じ時代に生きている人間がチャレンジしている姿、観てみてください。よろしくお願いします。

■入山法子/雪枝彩女役

――本作の出演オファーを受けた時の感想、原作・台本を読んでみての感想をお聞かせください。

クール楽しみにしているドラマ24、内田監督でと伺った時点で、原作や準備稿を拝読せずともやりたいと思いました。漫画には漫画の、ドラマにはドラマの魅力があり、共通して流れている文学的な香りや、過去に囚われてしまう人の葛藤、誰かを労り慈しむ気持ち、また大きなテーマである死生観というものは、今、多くの方に響くものだと思いました。

――演じられる役どころについての印象をお聞かせださい。

いつもは、人生に寄り添ったり感情を受け入れたりすることで演じる役の人となりを手繰り寄せますが、彩女はとても掴みどころのない人にみえるかもしれません。私自身も、彩女の強い想いや、ふと見えるゆらぎに振り回されながら、彼女の人生と向き合っているからです。北さんや彩女と共に、旅を通して、他者を理解し、観てくださる方にも、そんな気持ちを促せるようなキャラクターになれればな、と思っています。

――撮影への意気込み・視聴者の皆さんへみどころなどメッセージをお願いします。

実際にその場所の空気を感じながらの撮影はとても贅沢だと思いますし、ありがたいです。いい人、いい空気、美味しいごはんをたくさん注入して、彩女のいう大人の夏休みを過ごしたいと思います。精一杯、務めさせていただきます。このドラマが、あなたの生きる力になりますように!

■勝村政信/雪枝一騎役

――本作の出演オファーを受けた時の感想、原作・台本を読んでみての感想をお聞かせください。

タイトルを聞いた時から、楽しい気持ちになりました。不思議で面白く、哀しいロードムービーで、死に向かっているのに、切ないだけでなく、明るく楽しいエンターテイメントで、しかも純文学が並走している。あっという間に読んでしまいました。

――演じられる役どころについての印象をお聞かせださい。

純文学に憧れ、それほどの才能もない人。彩女への想いが強まるほど、自分には手に負えないと理解する。でも離れられない。この距離感がとても好きです。

――撮影への意気込み・視聴者の皆さんへみどころなどメッセージをお願いします。

監督たちが、とても楽しそうに撮影している現場です。その素敵な雰囲気が現場に浸透していて、とても心地よくやらせていただいています。後半戦は僕もロードムービーの仲間入りができるので、また現場の雰囲気を楽しみたいと思っています。彩女役の入山さんがとても素敵です。入山さんに当て書きなのでは?と思ってしまうくらい素敵です。そして、入山さんの彩女に振り回される、男たちの振り幅を楽しんでいただければと。

久保田紗友/マリア

――本作の出演オファーを受けた時の感想、原作・台本を読んでみての感想をお聞かせください。

台本を初めて読ませて頂いた時、欲望や絶望、孤独がリアルに描かれているのと同時に、どこか美しく、ミステリアスな魅力に惹きつけられどんどん読み進めてしまいました。私自身にとっても必ず何かを得られる作品だと感じましたし、マリアとして生きられることがとても嬉しかったです。物語でも重要な人物だと思うので、しっかり演じ切りたいという想いが強かったです。そして私の地元でもある、札幌で暮らしている登場人物ということも純粋に嬉しかったです。

――演じられる役どころについての印象をお聞かせださい。

私の演じるマリアは、乙女な一面があって愛らしいのですが、男勝りな一面もある女性です。面倒見もよく、自立しているように見えるのですが、本当は何かに頼りながらじゃないと立っていられないような繊細さも持ち合わせていて、とても人間らしい人物だと感じています。

――撮影への意気込み・視聴者の皆さんへみどころなどメッセージをお願いします。

ドラマの現場には途中から参加させて頂いていて、緊張もしていますが、物凄く良いチームで、幸せと感謝の気持ちでいっぱいです。掻き立てられる感情に身を任せて、スタッフキャストの皆様を信じて、愛を持って最後まで駆け抜けていけたらと思います。作品を通して高い熱量を受け取ってくださると嬉しいです。

■淵上泰史/巡健人役

――本作の出演オファーを受けた時の感想、原作・台本を読んでみての感想をお聞かせください。

原作にはないオリジナルの担当編集役、ドラマフリンジマン」以来のプロデューサー松本拓さん、今回初めてご一緒します同い年の柴田監督、とある映画人達の酒場で「いつか一緒に仕事しましょう」と話していた松本監督、そして映画『ダブルミンツ』以来約5年ぶりの内田監督。楽しみでしかありません。

――演じられる役どころについての印象をお聞かせださい。

裏方なのにわりと大胆な行動をする人だな…と言うのが印象です。

――撮影への意気込み・視聴者の皆さんへみどころなどメッセージをお願いします。

体調を崩さないよう、役を楽しみたいと思います。北海道大自然や素敵な街並みも併せて、ドラマも楽しんで頂けたら幸いです。是非とも宜しくお願いします。

Gino0808/原作

夢にまでみた「雪蟹」映像化です!
原作ファンの皆様も待望の実写化が最高のスタッフキャスティングで叶いましたことを、今でも夢なんじゃないかと頬を抓る毎日を過ごしております。
ひとえにプロジェクトの実現の為に尽力してくださった監督、プロデューサー様、スタッフの皆様、出版社の皆様、この場を借りて感謝を伝えさせて下さい。ありがとうございます!
主演の重岡さん、入山さんの熱演と最高の一夏のラブストーリーを作者、スタッフ一同楽しみにしております!

目を惹くビジュアル!


(出典 news.nicovideo.jp)

Zone以来で約2年半ぶり、関西ジャニーズJr.出身者で構成するグループとしては、関ジャニ∞以来10年ぶりのデビュー。また「ジャニーズ」を冠するグループ名は初代ジャニーズ以来で、メンバーの強い要望を受けてジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川が決めたものである。 公式サイトのプロフィールをもとに作成。
100キロバイト (9,014 語) - 2022年5月19日 (木) 11:29



<このニュースへのネットの反応>

【漫画「雪女と蟹を食う」テレ東で実写ドラマ化 ジャニーズWEST重岡大毅が主演】の続きを読む


ジャニーズWESTの新番組「DEEPな店の常連さんに密着 イキスギさんについてった」スタート!桐山照史が涙 


Zone以来で約2年半ぶり、関西ジャニーズJr.出身者で構成するグループとしては、関ジャニ∞以来10年ぶりのデビュー。また「ジャニーズ」を冠するグループ名は初代ジャニーズ以来で、メンバーの強い要望を受けてジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川が決めたものである。 公式サイトのプロフィールをもとに作成。
100キロバイト (8,986 語) - 2022年5月18日 (水) 03:22



新番組「DEEPな店の常連さんに密着 イキスギさんについてった」(TBS系/毎週火曜夜11:56-0:55※一部地域を除く)が5月17日からスタート。初回は桐山照史がディレクターとなって取材を行い、桐山が涙を流す場面があった。(以下ネタバレを含みます)

【写真を見る】カラフルなジャケット姿でキメたジャニーズWEST

■イキスギさんが通うその超個性派店を紹介

同番組は、ジャニーズWESTメンバー1人が一風変わった超個性派の店に“行き過ぎ”ている、そしてその人自身も突き抜けており“イキ過ぎ”ている常連さんを「イキスギさん」と称え、イキスギさんが通うその超個性派店を紹介。

メンバー自身が取材ディレクターとなり、イキスギさん本人だけでなく、家族や友人など周辺も徹底取材を行う。密着ロケを通し、イキスギさんが幸せに生きている秘訣(ひけつ)、“幸せのヒント”をジャニーズWESTが探していくドキュメントバラエティー

■桐山照史が初回放送のディレクター

記念すべき初回は、桐山照史がディレクターとなり、かつて3000人を率いた暴走族の元総長が店長を務める「接客はしない!怒鳴られる!客は動け!」という超個性的な店“定食酒場食堂”に、年間250日通う“イキスギさん”に密着。桐山は「できることなら初回だけはやめてくれと思ったよ」と苦笑した。

■桐山「人としてかっこいいっすね」と感動

定食酒場食堂は、マスター以外の従業員がいないため、客が自分のことをやるというルール。その代わりに、ナポリタンが80円、いくら食べても3000円以上にはならないという低価格。

店には「のんびりして頂く為に当店は、3000円以上は頂きません。例えお会計が5000円だとしてもお一人様3000円です」という張り紙があった。その他にも、飲み物は自分で用意し、食器類は自分で返却、支払いは完全セルフというルールがある。

マスターは、自身の育った環境から「安い料金でお腹も心も満たしてあげたい」という思いを抱き店を始めたのだという。店は大学生以下は無料。マスターは「コロナになっちゃって、仕送りが減ったとかさ、食べてる人が値段見ながらメニュー選ぶから」とその理由を告白。

桐山は「優しい」「男としてもそうやけど人としてかっこいいっすね」と感動していた。そして話している中で、21時になりマスターは帰宅。“イキスギさん”が洗い物をして、店を閉めて帰った。

番組では、店に通わなくなっていた“イキスギさん”の娘が1年半ぶりにマスターの店に来店する様子も放送。イキスギさん”の娘はマスターの愛のある説教を素直に受け止めることができず、店から足が遠のいていた。

久々に再会したマスターは「やっと会えたね」と喜び、“イキスギさん”の娘をハグ。イキスギさん”の娘も久しぶりの再会に涙を流していた。また、マスターは出禁になっていた“イキスギさん”の夫・秀和さんとも仲直りし、ハグ。そのVTRを見た桐山は涙を流し「これはうれしいな」と感動していた。


ジャニーズWESTの新番組がスタート!


(出典 news.nicovideo.jp)

【ジャニーズWESTの新番組「DEEPな店の常連さんに密着 イキスギさんについてった」スタート!桐山照史が涙】の続きを読む


【いま注目のトレンドワード1075月9日Twitterのトレンド入りを果たした「しげちゃん」。ジャニーズWEST重岡大毅さんのニックネームだが、なぜ同ワードが突如としてTwitterのトレンドを飾ったのだろうか?

画像付きの記事はこちら




●ファンにとって刺激が強い?



 事の発端は、テレビ東京7月8日から始まる深夜ドラマ「雪女と蟹を食う」。5月9日には重岡大毅さんが主演を務めることが明かされたため、瞬く間にファンの間で注目を集めたようだ。

 重岡さんといえば“実力派俳優”としても知られており、昨年放送されたテレビドラマ#家族募集します」では子育てに奮闘するシングルファーザー役を熱演。明るくて優しいキャラが話題を呼んだが、今回の主演作では“人生に絶望した男”を演じる。

 Twitter上では「これまでの出演作とはひと味違った演技が見れそう」「しげちゃんのイメージとはかけ離れた役柄だから、放送がすごく楽しみ」などのツイートが相次いだものの、一方で「刺激的なシーンに耐えられるかちょっと心配」との声も。

 実は「雪女と蟹を食う」は『週刊ヤングマガジン』で連載されていた人気マンガが原作。漫画家Gino0808先生が描くサスペンスフルなラブストーリーは“ラブシーン”も満載のため、「もしかして、しげちゃんのベッドシーンもあるのかな」「もともと原作を知っているから、どういう風にドラマ化されるのかワクワクとドキドキが止まらない」といったコメントが寄せられている。

 ちなみに監督は、「ミッドナイトスワン」「全裸監督」などの名作を手掛けてきた内田英治さん。“人気アイドル×人気マンガ×名監督”の最強タッグによって一体どのようなドラマに仕上がるのか、今から放送が待ち遠しい。(フリーライター・井原亘)

「しげちゃん」だけじゃない! 是非チェックしたいその他トレンドワード

・シービー

・ガキモツ

・タグ付け失礼

・コマフィルム

■Profile

井原亘

元PR会社社員の30代男性。現在は流行のモノや現象を追いかけるフリーライターとして活動中。ネットサーフィンSNS巡回が大好きで、暇さえあればスマホチェックしている
「しげちゃん」ことジャニーズWEST・重岡大毅さんがラブシーンに挑戦!?(画像はイメージ)


(出典 news.nicovideo.jp)

Zone以来で約2年半ぶり、関西ジャニーズJr.出身者で構成するグループとしては、関ジャニ∞以来10年ぶりのデビュー。また「ジャニーズ」を冠するグループ名は初代ジャニーズ以来で、メンバーの強い要望を受けてジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川が決めたものである。 公式サイトのプロフィールをもとに作成。
100キロバイト (8,986 語) - 2022年5月8日 (日) 09:11



<このニュースへのネットの反応>

【ジャニーズWEST・重岡大毅さんの主演決定で「しげちゃん」ファン歓喜! 内田英治監督の新ドラマ「雪女と蟹を食う」は“ラブシーン”満載?】の続きを読む


ジャニーズWESTが躍動。ドームに対する熱い想い


Zone以来で約2年半ぶり、関西ジャニーズJr.出身者で構成するグループとしては、関ジャニ∞以来10年ぶりのデビュー。また「ジャニーズ」を冠するグループ名は初代ジャニーズ以来で、メンバーの強い要望を受けてジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川が決めたものである。 公式サイトのプロフィールをもとに作成。
100キロバイト (8,986 語) - 2022年5月8日 (日) 09:11



 5月1日グループ結成8周年を迎えたジャニーズWESTライブツアーMixed Juice』の神奈川公演をぴあアリーナMMで開催した。今回は、彼らのデビュー8周年にリリースした8枚目のアルバムMixed Juice』を引っ提げ、全国8都市を回るツアーだ。色鮮やかなステージセットは、ミックスジュース工場をイメージした。

ジャンル豊かな楽曲で観客を魅了

 オープニングでは、工場の中からメンバーの7人(中間淳太・神山智洋・藤井流星・重岡大毅・小瀧望・濱田崇裕・桐山照史)が登場。「ライブに熱い男たち、ジャニーズWESTです。今日は溜まったもの全部出して、俺らと一緒に楽しもうぜ、よろしく!」と、小瀧が呼かける。続いて、重岡が「しょっぱなから行くぜ~!」と煽る。ジャニーズWESTライブでは初導入となるムービングステージで、メンバーたちが躍動していた。

 関西グループらしい楽曲もありながら、バンド演奏を背にスタンドマイクを使ったロックボーカルが魅力の『努力賞』や、メンバーが楽器を演奏してアコースティックアレンジした『涙腺』など、雰囲気の違う楽曲で観客を魅了する。

 ほかにも、神山が振り付けを担当した楽曲『微笑み一つ咲かせましょう』では、サビの「あいしてる」「またあしたね」など手話を取り入れている。事前に公開されていた振り付け映像で覚えてきたファンとともに、声援を送れない状況でも会場をひとつにまとめた。

◆演出の振り幅の広さも魅力

 ジャンル豊かな楽曲に加えて、演出の振り幅の広さも彼らの魅力だ。重岡、桐山、濵田のユニット曲『情熱』では、白シャツ姿でブルースハープダイナミックに吹き鳴らす。また中間、神山、藤井、小瀧のユニット曲『Plan B』は、妖艶な雰囲気のステージクールダンスパフォーマンスを披露した。

 さらに、レーザーや特効を使ったド派手な演出で会場を沸かす。まさに、ジャニーズWESTのさまざまな魅力がミックスされた構成が存分に感じられた。

◆念願のドームツアー発表

 この日に最も観客を沸かせたのが、今年7月から開催する初のドームツアーが発表された瞬間だった。

 本来は、‘20年に東京ドーム京セラドーム大阪を回るドームツアーを予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止に。そんな悔しい思いを経て発表されたサプライズに、嬉し涙を流すファンの姿も多かった。

 中間が「お待たせしました! ついにジャニーズWEST、初めてのドームツアーを開催します!」と宣言すると、客席から大きな拍手が起こった。神山は「みんな泣かないのぉ~!」とおどけたが、藤井は「いや、俺らもそれぐらい嬉しかったよ」と語っていた。

 ドームツアータイトル『TO BE KANSAI COLOR ―翔べ関西から―』を考案した濱田は、「ドームはほんと広いんで来てくださいねとりあえずここにいるみんなは来るやろ。で、友達連れて来たら、倍になるやろ。ほんで両親も連れてきたら……、それだけでドーム埋まるやん!」と小ボケをかますと、会場から笑いが漏れた。

 重岡は、「飛んで跳ねてクラップして、みんなで楽しめるようなライブにするんで。ふくらはぎパンパンに鍛えておいてください!」と、笑顔で呼びかけた。

ライブ終盤の「僕らの理由」

「あなたという人の意味は 今日も僕が感じているから」。その歌詞から始まる楽曲『僕らの理由』がライブの終盤に流れた。曲中に桐山は会場を見渡して、「あなたに、あなたに届きますように」と、メッセージを送っていた。

 ライブ演出を担当している藤井も、「今日はドームツアーを発表させてもらったけど、この会場よりも5倍ぐらいデカくなるのかな。それでもみんなのことを絶対に楽しませるから、ドームまでついてきてな!」と、改めて熱い想いを伝えた。

 ジャニーズWESTにとって、リベンジに燃える夏になりそうだ。

取材・文/吉岡 俊



(出典 news.nicovideo.jp)

【ジャニーズWESTが躍動。ドームに対する熱い想い】の続きを読む


 人気グループジャニーズWESTが1日、神奈川ぴあアリーナMMライブツアージャニーズWEST LIVE TOUR 2022 Mixed Juice』を開催した。3月20日からスタートした同ツアー神奈川公演として27日から同日の5日間8公演を行った3月発売アルバムMixed Juice』を引っ提げ「カラフルポップハッピーに、なんでもかんでもごちゃまぜにミックス!」をコンセプトに、全27曲を披露。夏には初のドームツアージャニーズWEST 1st DOME TOUR 2022 TO BE KANSAI COLOR -翔べ関西から-』の開催も発表し、ファンを喜ばせた。

【ライブ写真】火花&レーザーの豪華な演出!観客の頭上で歌うジャニーズWEST

 ステージセットは、“ミッスクジュース工場”をイメージ。公演前からセットを動かしてジュースを作る工程をポップに表現し、会場はまるでアミューズメントパークを訪れたようなワクワク感に包まれる。モニターにはメンバーによる、表題曲「Mixed Juice」の振り付けレクチャビデオや、会場アナウンスパロディーが流れ、開場時間の間もファンを楽しませるといった遊び心が満載。

 今回も演出を担当した藤井流星は、ツアーを明るくポップグループとしての原点回帰と位置づけ。ただし、ただの原点回帰ではなく、これまでのグループの経験や成長を感じられる“パワーアップした原点回帰”を目指したという。

 「ミッスクジュースができあがるようです!」という声が響き、ライブスタート。「ヘイ、横浜! ライブに熱い男たち、ジャニーズWESTです。きょうは溜まったもの全部出して、俺らと一緒に楽しもうぜ」と呼びかける小瀧望。「ジャニーズWEST、しょっぱなから行くぜ~」と叫ぶ重岡大毅に応え、客席のペンライトが大きく揺れる。ファンと息の合ったダンスを楽しむ「Mixed Juice」やデビュー曲「ええじゃないか」といったポップな楽曲はもちろん、たてノリの「Anything Goes」やガシガシ踊るクールダンスナンバーなど同グループ“らしさ”を“ミックス”し、オープニングを盛り上げた。

 今回は、グループ初となるムービングステージが登場。会場の前方から後方まで何度もステージを走らせ、さらには、3階席まで届くのではないかというほどの高さまで、ステージがせり上がり、できるだけ、すべてのファンの近くへというメンバーの思いを届けた。公演中、花道に登場するタワーも同じく3階席近くまでリフトアップし、4階席まである会場に一体感をもたらす。また「WE are WEST!!!!!!!」では、事前にファンから募ったコールを流し、声が出せなくても楽しめる演出を盛り込んだ。

 ここ数年のアルバムでは、さまざまなアーティスからの楽曲提供が増えているが、今回もsyudouが書き下ろした「努力賞」では、リリックが踊るアニメーションを背に、メンバースタンドマイクで勢いのあるボーカルを響かせる。wacciの橋口洋介が提供した「涙腺」は、アコースティックアレンジで。神山智洋、濵田崇裕がアコースティックギター、重岡がピアノ、桐山照史がカホンメンバー自らが演奏し、しっとりと、それでいてエネルギッシュに歌い上げる7人。このアコースティックコーナーでは、重岡が作詞・作曲の「バニラチョコ」など4作の中から公演替わりの曲も披露し、新たな一面をファンに届けた。

 そして、花道を生かし、軽やかなステップで魅了した「セラヴィ」、歌詞に合わせた手話をダンスとして取り入れて、ファンと手の振りを楽しんだ「微笑み一つ咲かせましょう」の両曲は、神山が振り付けを担当。神山らしいストーリー性のあるダンスで、今回のライブに彩りを添えた。

 楽曲の幅広さだけでなく、演出の振り幅の広さもジャニーズWESTらしさ。強いスポットライトに照らされる中、白シャツで現れ、ブルースハープを手に“歌うこと”を最大に楽しんだ重岡、桐山、濵田のユニット曲「情熱」。妖艶なライトに包まれるステージで、鎖につながれ椅子に座ったまま、つやっぽくクールダンスを魅せた中間、神山、藤井、小瀧のユニット曲「Plan B」。2組に分かれたユニット曲では、身一つで熱量を武器にあえてそぎ落とした演出と、レーザーなどの機構とパフォーマンスを味方につけた魅せる演出と、両極のエンターテインメントで楽しませた。

REMIXメドレー”には、雄々しく踊る「YSSB」、「PARTY MANIACS」といったダンス曲に、パラパラの振りで開場中をダンスフロアに一変させた「アカンLOVE~純情愛やで~」など、人気曲やライブ定番曲を盛り込み、会場中の熱気が増す。さらに、FGやスパークラー、バーストといった特効を存分に使ったド派手な演出。彼らの新たなスタイルとして定着しつつある、“バンドを背負って歌う”ロックコーナーでは、会場に語りかけるように熱く歌を届ける。7人に心を揺るがされるように、客席のペンライトもどんどんと激しくなっていった。

 この日のMCでは、スペシャルニュースファンに届けた。一度は決定しながら新型コロナウィルス感染拡大の影響により、涙をのんで見送ったドーム公演。当初は東京ドーム京セラドーム大阪の“WドームLIVE(仮)”の予定だったが、バンテリンドーム名古屋を加えた3大ドームにスケールアップして実施することが発表。「お待たせしました! ついにジャニーズWEST、初めてのドームツアーを開催します!」と中間が宣言すると、7人は「イエーイ」と喜びの叫びを上げ、客席に大きな拍手が広がった。

 同ツアーでは全国8ヶ所9会場38公演、34万8000人を動員予定。このツアーで勢いをさらに増し、夏のドームツアーへとつなげていく。

『ジャニーズWEST LIVE TOUR 2022 Mixed Juice』より


(出典 news.nicovideo.jp)

Zone以来で約2年半ぶり、関西ジャニーズJr.出身者で構成するグループとしては、関ジャニ∞以来10年ぶりのデビュー。また「ジャニーズ」を冠するグループ名は初代ジャニーズ以来で、メンバーの強い要望を受けてジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川が決めたものである。 公式サイトのプロフィールをもとに作成。
97キロバイト (8,720 語) - 2022年5月1日 (日) 07:51



【ジャニーズWEST、ぴあアリ公演で“パワーアップした原点回帰”魅せる 初のドームツアー発表「お待たせしました!」】の続きを読む

このページのトップヘ