【ジャニーズまとめサイト】 当ブログは主にジャニーズ・芸能情報まとめサイトとなります。



なにわ男子なにわだんし)は、日本の7人組男性アイドルグループ。所属事務所はジャニーズ事務所、所属レコード会社はジェイ・ストーム、所属レーベルはJ Storm。ファンの総称は、なにふぁむ。2021年11月12日にシングル『初心LOVE』でCDデビュー。 プロフィール出典
61キロバイト (6,023 語) - 2022年7月24日 (日) 07:11



 フジテレビ系朝の情報番組『めざましテレビ』(月~金 前5:25)のテーマソング「サチアレ」を歌う、人気グループ・なにわ男子の大型新企画『サチアレプロジェクト』が8月にスタートすることが27日、決定した。メンバーが夢追う若者たちに密着し、それぞれエールを送るオムニバスの青春ドキュメンタリーとなる新プロジェクト。この模様は8月3日より、同番組内で放送される。

【画像】そっくり?キャラクター化したなにわ男子

 今年の4月から『めざましテレビ』のテーマソング「サチアレ」を担当し、4、5月にはエンタメプレゼンターも務めた同グループ。そのなにわ男子と『めざましテレビ』がタッグを組み、大型新企画『サチアレプロジェクト』を放送することが決定した。同プロジェクトは、ゆずの北川悠仁書き下ろしによるエールソングであり、番組のテーマソングである「サチアレ」の趣旨そのままに、なにわ男子のメンバーが個性を生かし、夢追う若者たちに密着しながらエールを送るオムニバスの青春ドキュメンタリーとなる。メンバー7人がそれぞれ7つの学校を訪れ、コロナ禍でもポジティブに頑張る生徒や学生たちの活動に密着。それぞれの方法で応援するシリーズ企画となる。

 西畑大吾は専門学校の学生たちの国家試験への道を応援、高橋恭平は全国大会に挑む高校の書道部の練習をサポートする。大西流星は苦境を乗り越えて看護師を目指す学生たちにエールを送る。道枝駿佑はとある高校でコロナ禍によって途切れてしまった伝統の文化祭を継承し、成功させるために生徒たちと一緒に奮闘。藤原丈一郎はインターハイに出場し、全国優勝を目指す高校の部活を激励し、長尾謙杜は文化祭の名物企画のために一肌脱ぐ。大橋和也は高校のダンス部を全力応援する。7人の密着ドキュメントはそれぞれ前後編で計14本放送予定。8月3日から順次放送していく。

■なにわ男子・リーダー大橋和也コメント
今、コロナ禍で学校行事とか部活とかできていない中、頑張っている学生さんたちを応援したいな、という企画です。頑張っている皆さんに、エールを送りたいと思っています。
メンバーそれぞれが、全国各地のいろいろな場所に行きますが、僕はダンス部に行く予定だと聞いています。ダンスというのは、言葉がなくても気持ちを伝えられるものだと思うので、この企画を通して、日本中、世界中、宇宙中の人を笑顔にしたいです!
めざましテレビ』のテーマソング「サチアレ」は、すごく楽しいダンスなので、一緒に踊れたらうれしいですね。僕たちが踊る雰囲気と、ダンスだけをやって来た人たちの踊りの雰囲気は違うと思うので、バッキバッキの“サチアレ”になりそうで、楽しみです!

『めざましテレビ』の新企画『サチアレプロジェクト』スタートが決定したなにわ男子


(出典 news.nicovideo.jp)

【なにわ男子が夢追う若者たちにエール】の続きを読む



二宮 和也(にのみや かずなり、1983年〈昭和58年〉6月17日 - )は、日本の男性タレント、アイドル、俳優、歌手、司会者、YouTuber。男性アイドルグループ・嵐のメンバーであり、YouTuberグループ・ジャにのちゃんねるのリーダー。愛称は「ニノ」。東京都葛飾区出身。ジャニーズ事務所所属。
58キロバイト (6,941 語) - 2022年7月25日 (月) 22:02



映画『TANG タング』(8月11日公開)の公開直前イベント26日に東京・日本大学理学部で行われ、二宮和也満島ひかり、三木孝浩監督が登場した。

同作はイギリスハートウォーミング小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』の映画化作。ゲーム三昧で妻に捨てられた、ダメ男・春日井健(二宮)はわけあって無職で人生に迷子中だが、ある日、家の庭に突然現れた記憶を無くした不良品ロボット・タングに出会う。迷子同士の運命の出会いは、ポンコツコンビの驚きにみちた壮大な冒険の幕開けとなる。

400名が集まったホールで試写が行われ、三木監督のみがトークをするはずだったが、サプライズで二宮、満島も登場し、学生たちは大盛り上がり。あらかじめ集めていた学生のお悩みに対し、登壇者陣が回答し、作中の「きっと大丈夫」というセリフを言うこととなった。

さまざまな悩みが集まる中、自分の進路を前に「自分の将来を決める上で大事なこと」を教えてほしいという学生には、3人が回答。三木監督は「こっちに行ったら間違っちゃうんじゃないかなと思って動けなくなることがあると思うんですけど、動けばどこかしら前進してて、また戻っても、そっちに行ったことはプラスになるし、動かないで何もしないことのほうがもったいない」とアドバイス。「動いていく先にやりたいことがこれだったと後から気づくことがあると思う」と優しく声をかける。

また二宮は「就職活動をしたことないけど、社会と置き換えるなら、学生時代がJr.の時代。その時代はみんな横並びで一生懸命頑張っていました。でも、デビューしてからその人たちを見たときに、横並びの人たちが縦に並んでいることに気づいて、自分がどこの何番目にいるのかわかるようになった」と振り返る。

その上で「自分のいやすい順番を確実に捉えていること。1番目でペースメーカーになりたいなら1番目に行く。でも2番目で人を見てついて行きたいんだったらついていく、ということ。学生時代には感じなかったですけど、デビューして社会に放り出された時に『あ、自分のいやすい場所はここなんだ』というのを見つけて、初めて自分の『じゃあここでできることは何なんだろう』とか『ここでやりたいことは何だろう』というのが自ずと見えて来た。皆さんも会社とかいろんなところに就職して初めて見えてくると思うんだけども、そこからでもおかしくないのかなと思うので」と回答。「入って順番がわかって、『あ、これじゃなかったんだ』思ったら辞めちゃって、次のステップの道に進んでもいいと思うので、そんなに気にせず時間が解決してくれるのかな」と語った。

満島は「私はもう21とか22とかそのくらいの時を考えると、記憶がないくらい毎日不思議な時間を過ごしてた気がして。いろんな不思議な大人たちと話して、いろんな友達との会話も不思議不思議な夜を超えることが将来につながるんじゃないかな」と表す。「迂回してみんなより遅くて良いからぐるぐる回って行きたいというタイプだったので、一見無駄に見える時間があとから奇跡みたいにいろんなことを起こしてくれる」と自身の経験を明かし、「大人になって初めて出会う職業の人もいて、子供の頃に知ってたらこの職業になりたかったかもと思うような職業の人、たくさん出会う。これと決めずに、目指してるところから外れているように見えても、外れてる職が世の中にあったりするので、いろんな人に尋ねて遠回りしてみてみるのもいいかなと。とにかくたくさんな不思議な夜と、朝と昼を過ごしてください」と答え、最後には3人で「きっと大丈夫」と声を揃えていた。

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

【二宮和也、“デビューして気づいたこと”語る】の続きを読む





二宮 和也(にのみや かずなり、1983年〈昭和58年〉6月17日 - )は、日本の男性タレント、アイドル、俳優、歌手、司会者、YouTuber。男性アイドルグループ・嵐のメンバーであり、YouTuberグループ・ジャにのちゃんねるのリーダー。愛称は「ニノ」。東京都葛飾区出身。ジャニーズ事務所所属。
58キロバイト (6,983 語) - 2022年7月25日 (月) 13:12



モデルプレス=2022/07/25】嵐の二宮和也8月1日発売のムック『CHEER(チア)Vol.24』の表紙、巻頭特集に登場。人生を輝かせた出会いについて語っている。

【関連記事】嵐・櫻井翔&二宮和也が語る“松本潤あるある”が話題

二宮和也、人生を輝かせた出会い明かす

映画『TANG タング』で主演を務める二宮。今回の撮影ではブルーバックに涼しげなセットアップ、白のスニーカーと夏らしい爽やかな装いで登場。映画に登場するロボット“タング”とのツーショットも収録している。

ダメ男とポンコツロボットが大冒険を経て人生の宝物を見つける今作に絡め、二宮の人生を輝かせた出会いについて聞かれると、「出会いの多い人生。すごく恵まれている。ふつうの人が一生で出会う人数って3万人くらいって言われているけど、嵐のコンサートでは一気に5万5千人くらいの方に会っているんです。そんな人生を歩んでいることって、やっぱりすごいですよね」と語った。

また、今作で初共演となる京本大我(SixTONES)について聞かれると「ナルシスティックなお芝居をやらせたら間違いない!お父さん京本政樹)の血が流れているから(笑)」と話す二宮。このほか作品や後輩への思いなどについても語っている。

◆京本大我・松村北斗・岩本照らも登場

「9 BOARD PINUP」には、表面(京本大我、松村北斗、岩本照)・裏面(佐久間大介、大西流星、長尾謙杜)それぞれに縦3点×横3点=計9点のグラビアを掲載。また、「BOOK IN BOOK」では、AmBitious(関西ジャニーズJr.)初の単独公演『AmBitious 初単独 LIVE 梅雨魂 2022 ~Nice to meet you~』のライブレポートをお届けする。(modelpress編集部)

Not Sponsored 記事】

「CHEER(チア)Vol.24」(宝島社、8月1日発売)表紙:二宮和也(提供写真)


(出典 news.nicovideo.jp)

【 二宮和也が人生を輝かせた出会いとは】の続きを読む


永瀬 (ながせ れん、1999年〈平成11年〉1月23日 - )は、日本の歌手、俳優、タレント。King & Princeのメンバー。愛称は「れんれん」。「全角度国宝級」の異名を持つ。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。 幼稚園の年長から小学2年、そして小学校6年から高校1年まで大阪で育つ。201
28キロバイト (3,300 語) - 2022年7月24日 (日) 13:30



モデルプレス=2022/08/05】King & Princeの永瀬廉が4日放送の自身がパーソナリティを務めるラジオ「永瀬廉のRadioGARDEN」(文化放送/毎週木曜23:30~23:45ごろ)にて、主演を務めるドラマ「新・信長公記クラスメイトは戦国武将~」(日本テレビ系/毎週日曜よる10時30分~)で共演中のなにわ男子・西畑大吾とのエピソードを語った。

【写真】永瀬廉&西畑大吾、同期でドラマ初共演 “良き友でありライバル”の関係性「一生変わらないでほしい」

◆永瀬廉、西畑大吾と共演「最初は大吾の方が照れてた」

リスナーから「仲の良い大吾くんと共演していてどんな感じですか?」と質問された永瀬は、プライベートで接しているように(現場でも)接していると回答。さらに「最初の方は、お芝居する時は大吾の方が照れてた部分があって」と告白し「顔を近づけるシーンで、ドライとかテストの時、そこのシーンで(西畑が)何回も笑ってて」と本番前の様子を明かした。そんな西畑に対して永瀬は「公私混同すんなよ」と言うなど、いつものやり取りをしていたと話した。

永瀬は西畑とは「友達として、仲良い奴として接してます」と言い、現場でも何も意識せずにいつも通りに接していると語っていた。(modelpress編集部)

情報:文化放送

Not Sponsored 記事】



(出典 news.nicovideo.jp)

【永瀬廉、なにわ男子・西畑大吾との「新・信長公記」撮影裏話で公私混同www】の続きを読む




なにわ男子なにわだんし)は、日本の7人組男性アイドルグループ。所属事務所はジャニーズ事務所、所属レコード会社はジェイ・ストーム、所属レーベルはJ Storm。ファンの総称は、なにふぁむ。2021年11月12日にシングル『初心LOVE』でCDデビュー。 プロフィール出典
62キロバイト (6,189 語) - 2022年7月29日 (金) 22:26



7月28日、なにわ男子のCDデビュー後初のライブツアー「なにわ男子 Debut Tour 2022 1st Love」の公演が大阪城ホールにて開催された。

ツアー7月27日から始まり(7月23日・24日に予定されていた東京・代々木公演は延期)、この日は2日目。2日間4公演で48000人の観客を魅了した。

デビュー会見を彷彿とさせる仕掛けも

オープニング映像が終了すると、ステージには巨大な飛行機が。デビュー会見でチャーターしたボーイング737-800とほぼ同サイズの“プラチナジェット”からメンバーが登場すると、会場のボルテージマックスに。

1曲目に披露したデビュー曲「初心LOVE」では、キラキラな彼らにふさわしいビンク色に輝く衣装で登場。堂々たるパフォーマンスで会場を沸かせた。

その後も1stアルバム1st Love」の収録曲を中心に披露。なにわ男子といえば「王子様」や「元気いっぱい」のイメージが強いが、実は激しいダンスもお手の物。ロックソウルテイストを盛り込んだダンス曲も披露し、ジュニア時代から培ってきた実力を見せつけた。

さらに、今回のツアーではAR技術が演出に取り入れられ、「サチアレ」ではLED画面に映し出されるメンバーの動きに合わせて花や星、太陽などのCGエフェクトシンクロチャーミングパフォーマンスをより一層盛り上げた。

◆さすがは関西!? 安定感抜群のMC

MCでは、この1年を振り返ったトークに。西畑大吾が「もう1年経つんだなと改めて思います」と話すと、大橋和也が「しみじみ思うよなあ」と反応。

それに対してメンバーは、「どんな感じですか?」「相槌打ってたからには何かあるんですか?」と質問攻めに。大橋が「思いみたいなものがここらへんに詰まってんねん!」と返すと、「どういうものが詰まってるんですか?」「それはどういった思いですか?」「(ファンに)どういう風に思われてると思いますか?」と詰められ、大橋はタジタジに。

リーダーである大橋が最もいじられるという、いつものなにわ男子らしさで場を盛り上げた。

そしてMCの後半では、2グループに分かれ片方が着替えへ、残った方がMCをすることに。じゃんけんで2人(大橋・道枝)と5人(藤原・西畑・高橋・大西・長尾)に分かれた。

先にMCをすることになった5人では、藤原丈一郎が「今みっちーが(じゃんけん)勝ったけど『あぁあぁ〜』って複雑そうな顔してた」と話し、会場の笑いを誘う。そこから話は後の2人がどのようなトークをするかの予想大会に。仲の良いなにわ男子らしいトークが見られた。

デビュー発表から1年。感極まるメンバー

西畑大吾が作詞を手がけた「ちゅきちゅきハリケーン」では、“流行に敏感”だと呼び声高い大西流星が振り付けを担当。近年TikTokなどで流行っている、顔まわりに重点を置いたかわいらしいダンスはまさに“糖度100”!振り付けに合わせてファンペンライトも揺れていた。

そしてライブ中に流れる映像にの中には、ジュニア時代のなにわ男子が。デビュー発表からまる一年経ったこの日、改めて彼らの成長を実感させられる。なにわ男子初のオリジナル曲「なにわ Lucky Boy!!」のパフォーマンスや、「Emerald」で涙を堪える西畑大吾の姿には思わずぐっと来たファンも少なくないはずだ。

そんな感動的な場面もありつつ、アルバムリード曲でもある「ダイヤモンドスマイル」ではこれぞなにわ男子!な笑顔いっぱいのパフォーマンス。最後までファンを楽しませた。

ファンへの思い

挨拶では、それぞれのメンバーがこの1年を振り返りファンに思いを伝えた。

横浜アリーナで去年デビュー発表してから1年が経ちました。本当に怒涛の1年で、これ以上濃い1年があるのかっていうくらい、濃い1年を過ごさせていただきました。それは本当に、日々支えてくださっているスタッフさん、そしてなにわ男子のメンバー、そして何よりなにふぁむ(ファンの愛称)の皆さんのおかげだと思っています」(道枝駿佑)

「このツアーが始まるのには1年かかりましたけど、この1年で僕たちすごく成長しました。その成長した姿をこうやってなにふぁむの皆様に見てもらえるっていうのは、本当にうれしいことなので、これからも一緒に成長していけたらなと思います」(高橋恭平)

「もっともっと皆さんを幸せにしたいなって、ほんまにほんまに思いました。これからも、もっともっと幸せに、そして楽しい人生になるように、僕たち7人頑張りますので皆さん応援してください。そして、ついてきてください」(大橋和也)

「僕たちには、まだまだ叶えたい夢がたくさんあります。僕たち、叶えられる夢しか言ってません。でも、その自信はどっから来るのかって言うと、やっぱりなにふぁむがそばにいるから、絶対に叶えられるっていう自信があります。なので、これからも絶対に絶対に、僕たちのそばを離れないでください」(藤原丈一郎)

「去年の7月28日、僕たちはサプライズデビュー発表させてもらいました。サプライズなので僕たちもびっくりして、それこそ今のMC中はみんな泣いてたかな?思い出すとすごいぐっと来るものがあります。また今年も7月28日に、なにわ男子に時間を使ってくれて、本当にありがとうございます。今日、皆さんと共有できた時間は、僕にとって幸せな時間ですし、最高の思い出で宝物です。これからもこんな時間を一緒に作っていってください」(長尾謙杜)

デビュー発表からまる1年が経ちまして、本当にこの1年って、今まで生きてきた中で一番濃くて早かった1年かなと思っております。ファンの皆さんが僕たちの見えないところでなにわ男子を推してくれたり、いろんな声をあげてくれたり、そのおかげで僕たちもしっかりと活動ができています。だからこそ、もっともっと僕たちからこの公演を通じて、たくさんの方に恩返しできるように頑張っていきたいと思います」(大西流星)

「皆さんがうちわであったり、服装を考えてくださって、今日という日を楽しみにしてくださった時間、そして僕たちがリハーサルなどで準備してきた時間、その2つの準備の時間がかけ合わさってできたのが、今日の公演だと思っています。本当に皆さんがいてくださるから僕たちがいます。その言葉をぜひとも覚えていてください」(西畑大吾)

ツアーはこれから9都市を回り、35公演を控える(8月4日時点)。これからも“天最高”な、なにわ男子の活躍に期待したい。

取材・文/日刊SPA!編集部

「ダイヤモンドスマイル」を披露するなにわ男子


(出典 news.nicovideo.jp)

【なにわ男子、ライブで伝えた「ファンへの感謝」】の続きを読む

このページのトップヘ