【ジャニーズまとめサイト】 当ブログは主にジャニーズ・芸能情報まとめサイトとなります。

Kinki Kids


KinKi Kids(キンキ キッズ)は、堂本光一、堂本剛の2人で構成される男性アイドルデュオ。所属事務所はジャニーズ事務所。レコードレーベルはJohnny's Entertainment Record。略称は「キンキ」、「KinKi」。中国語表記は「近畿小子」。
188キロバイト (14,649 語) - 2022年7月20日 (水) 18:49



モデルプレス=2022/07/21】21日放送のフジテレビ系LOVE LOVE あいしてる 最終回吉田拓郎卒業SP』(20時21時54分)では、吉田拓郎からKinKi Kidsへ感謝と愛のメッセージが贈られる。

【関連記事】KinKi Kids、中居正広へ「SMAPでよかったでしょ?」中居の回答が話題

◆「LOVE LOVE あいしてる」番組開始26年で最終回

同番組は、5年ぶりの復活にして最終回を迎える、KinKi Kidsと吉田という異色のタッグによる伝説の音楽バラエティー番組『LOVE LOVE あいしてる』(1996年10月2001年3月)の特別番組。

今回、収録後に撮影された記念写真が初解禁。KinKi KidsがCDデビュー25年目を迎えた“アニバーサリー”の日、それぞれの新しい門出となる『LOVE LOVE あいしてる 最終回吉田拓郎卒業SP』が放送となる。

◆豪華ゲストが集結 全6曲ライブパフォーマンス披露

既報の通り、今回でテレビ出演が最後となる吉田の“卒業式”を、篠原ともえ、坂崎幸之助(THE ALFEE)ら番組レギュラー陣に加えて、木村拓哉あいみょん、奈緒がトークライブで、生田斗真風間俊介ダンスで、明石家さんまサプライズで登場し、華やかに盛り上げる。

また、番組のみどころである、オリジナルバンドLOVE LOVE ALL STARS」のライブパフォーマンスでは全6曲をお届けする。番組テーマソング『全部だきしめて』はもちろん、出演者が歌いたい曲を演奏する企画「LOVE LOVEなうた」として、KinKi Kidsは『落陽』、木村は『硝子の少年』、奈緒は『今日までそして明日から』を選曲。そして、あいみょんは自身の最新曲『初恋が泣いている』を披露。

さらに、今回のためにKinKi Kidsが作曲、吉田が作詞を手掛けた3人による初の合作曲『Sayonara あいしてる』の一夜限りのパフォーマンスも披露。吉田は「『LOVE LOVE あいしてる』という番組を始めた頃を思い出し」ながら作詞したことを明かし、レギュラー放送の時期を「あの数年間は奇跡的だった」と振り返る、思いが込められた歌詞にも注目だ。

吉田拓郎KinKi Kidsに感謝と愛あふれるメッセージ

そして番組のラストには、吉田がKinKi Kidsメッセージを贈る。「俺にとって君たちは本当に大きな存在。普段は“おい、光一!”“おい、剛!”なんて言ってるけれど、心の中では“光一ちゃん”“剛ちゃん”と呼んでいるんだよ」とほほ笑みながら語りかけ、堂本光一は「最高の言葉を頂きました」、堂本剛は「ありがとうございます」としっかりと受け止める。KinKi Kidsへの感謝と愛にあふれた吉田のメッセージとは?

番組開始から26年の集大成を飾る、『LOVE LOVE あいしてる 最終回吉田拓郎卒業SP』。最後にして最高の夜に期待が高まる。

なお、19時より放送の同局系『VS魂グラデーション』には、KinKi Kids、篠原が出演。相葉雅紀率いる魂チームと、「KinKi KidsシングルCDリリース順グラデーション」などの並び替えゲームで熱戦を展開する。(modelpress編集部)

Not Sponsored 記事】

KinKi Kids、吉田拓郎、篠原ともえ、坂崎幸之助、奈緒、LOVE LOVE ALL STARSが収録後、ラストの記念写真を撮影(C)フジテレビ


(出典 news.nicovideo.jp)

【KinKi Kids、「LOVE LOVE あいしてる」番組開始26年の歴史に幕】の続きを読む


KinKi Kids(キンキ キッズ)は、堂本光一、堂本剛の2人で構成される男性アイドルデュオ。所属事務所はジャニーズ事務所。レコードレーベルはJohnny's Entertainment Record。略称は「キンキ」、「KinKi」。中国語表記は「近畿小子」。
187キロバイト (14,558 語) - 2022年7月17日 (日) 14:05



●右端で腕を組む拓郎…当時と全く変わらない構図
6月某日、都内のフジテレビ湾岸スタジオで、『LOVE LOVE あいしてる 最終回吉田拓郎卒業SP』(21日20:00~)の収録が行われた。

KinKi Kids吉田拓郎篠原ともえといったおなじみの面々がそろったステージ。番組の代名詞「全部だきしめて」を歌っていると、サビのタイミングで後ろからゲストが歌いながら登場する……そこには、かつて土曜夜11時半という1週間で最もワクワクする時間に多くの視聴者を夢中にさせたあの空間があった――。

○■番組の大黒柱として存在感を発揮

LOVE LOVE あいしてる』のスタジオは、円形のステージ360°観覧客がぎゅうぎゅうに囲み、全方位からトークや歌のステージ上と一体になって盛り上がるという独特の雰囲気があった。しかし、残念ながら今はコロナ禍。観覧客はおらず、トークも距離を空けて行う状況に、拓郎は「この場の雰囲気が変です!」「もっと近くに寄りたいね」と訴える。

それでも、トークテーブルの中央の縁にはKinKi Kidsと拓郎、そしてゲストの人形が腰掛け、KinKi Kidsゲストが盛り上がる中、シャイで寡黙な拓郎が右端で腕を組んで話を聞いているだけと思いきや、随所随所で金言を放ってくるという構図は、レギュラー当時と全く変わらない。

変わらないのは歌の収録も同じだ。後ろでKinKi Kidsたちを見守るようにギターを弾き、自分のパートで心を打つ歌声を披露する拓郎。曲の終わりに差しかかると後ろを向き、ギターネックで斬り裂くように「LOVE LOVE ALL STARS」のバンド演奏を止める姿は、番組の大黒柱としての存在を象徴。一方で、ステージ上のトークではKinKi Kidsツッコミを入れられるなど、ちょっぴり天然な一面も当時を思い出させてくれた。
○■篠原がハイテンションだった理由は「緊張」

KinKi Kids、拓郎、篠原の4ショットトークでは、篠原がゲストの楽屋に突撃するコーナー篠原ともえのプリプリプリティ!」の名場面が登場。怖いもの知らずの篠原が、全力で大物ゲストに立ち向かっていく姿に4人は爆笑したり、懐かしそうな表情を浮かべる。

今やすっかり大人の女性になった篠原は、当時のハイテンションな姿に、「実は緊張してたんですよ」と告白。他にも、豪華ミュージシャンで構成される「LOVE LOVE ALL STARS」の生演奏が見どころの番組にちなんで、それぞれの最も思い出深い1曲を当時の映像とともに紹介していった。

●収録が押した中でエネルギーが貯まった明石家さんま

パートの収録を終えたスタジオサプライズ登場したのは、花束を持った明石家さんま。番組スタッフが仕かけたサプライズに、KinKi Kids、拓郎らは驚きの表情を浮かべるが、収録が押して待たされていたさんまは、エネルギーが貯まりMAX状態だ。

「楽屋でどんだけディレクターと雑談したか! 俺の幼少期まで語ったぞ!」とステージに乗り込み、かつて拓郎が『さんまのまんま』の収録に旧フジテレビまで来たのにまさかの行動を起こしたエピソードをはじめ、拓郎に様々な局面で振り回された話で立ちトークが止まらない。そんなさんまストップをかけたのは、スタッフも予期しなかったあの人だった…。

木村拓哉は、番組恒例企画「LOVE LOVEなうた」で、KinKi Kidsデビュー曲「硝子の少年」を選曲。しかも、当時KinKi Kidsバックダンサーを務めていた生田斗真風間俊介とともに、“ジャニーズシニア”を結成し、一緒に踊るというスペシャル演出で披露した。

○■「若い人たちに非常に刺激を受けたのは間違いない」

収録では、拓郎が若い世代の力に驚かされたことを語る場面が、何度もあった。

あいみょんに対しては、1970年代のから現在までのJ-POPの変化やあいみょんの歌詞を分析し、「日常をうまく描く人だなと思って。その描き方が僕らの時代と違っていて、見方が鋭い」と分析。

奈緒とのトークパートでは、奈緒がアナログLP盤のジャケット写真を飾り、篠原がその衣装デザインジャケットのアートディレクションを手がけ、光一が題字、剛がギターアレンジを担当した拓郎最後のアルバム『ah-面白かった』の話題に。拓郎は「今度のアルバムを作りながらつくづく思ったんだけど、KinKiの2人とか、篠原ともえとか、奈緒とか、若い人たちが活躍するのを見ていて、非常に刺激を受けたのは間違いない」と打ち明け、ラストアルバムの制作を振り返りながら、感謝の思いを述べた。

●熱い握手を交わしたKinKi Kidsと拓郎
ラストは、今回の番組のためにKinKi Kids吉田拓郎が共作した「Sayonara あいしてる」を披露。作詞を手がけた拓郎は、最後の3ショットトークで、「『LOVE LOVE あいしてる』という番組を始めた頃を思い出して、それから僕らがどういう時間を過ごしたのかを思い出して、光一くんと剛くんがどんな時間を過ごしたんだろうというのを考えた」と話し始め、歌詞に込めた思いを語る。

そして、拓郎は「最後に言いたい」と光一、剛へメッセージを贈る。KinKiの2人は「ありがとうございます」(剛)、「最高の言葉を頂きました」(光一)と、しっかりその思いを受け取り、熱い握手を交わした。

番組開始当初は、「海の物とも山の物ともお互いに何も面識もなく、年齢差もすごくあった僕らが集められた」という感覚だったと明かす拓郎。今回の収録では、このように拓郎からKinKi Kidsへの思いがあふれ出る場面が、随所にあった。
○■涙の篠原、思いにふけるような拓郎

こうして迎えた、一夜限りの「Sayonara あいしてる」ライブステージ。拓郎の思いがこもった歌詞に、コーラスの篠原はこれまでの思い出を重ねたのか、歌いながら涙が止まらない。

歌唱が終わるとスタジオ全員の拍手は、なかなか鳴り止まない。武部聡志のキーボードによる「全部だきしめて」のBGMが流れる中、KinKi Kidsの2人から花束を受け取った拓郎は時折下を向いて思いにふけるような姿も見られたが、番組開始から26年の集大成、みんなが笑顔の『LOVE LOVE あいしてる』らしい明るい“卒業”となった。

様々なゲストを迎え、「LOVE LOVEなもの」を紹介してきた番組だが、最後の収録は、KinKi Kids吉田拓郎篠原ともえらが『LOVE LOVE あいしてる』をいかに“あいしてる”かが伝わってくる空間だった。ぜひ多くの視聴者に、その思いをOAで共有してほしい。
(中島優)

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

【KinKi Kids、吉田拓郎、篠原ともえの笑顔と涙…『LOVE LOVE あいしてる 最終回』】の続きを読む


KinKi Kids(キンキ キッズ)は、堂本光一、堂本剛の2人で構成される男性アイドルデュオ。所属事務所はジャニーズ事務所。レコードレーベルはJohnny's Entertainment Record。略称は「キンキ」、「KinKi」。中国語表記は「近畿小子」。
187キロバイト (14,558 語) - 2022年7月17日 (日) 14:05



【元記事を音楽ナタリーで読む】

KinKi KidsYouTube公式チャンネルが開設された。

7月21日にCDデビュー25周年を迎えるKinKi Kids。2人は日付が変わる直前の20日23:50よりYouTube生配信を行う。記念すべき瞬間に彼らがどのようなトークを繰り広げるのか、ファンは配信を楽しみにしておこう。なお配信のアーカイブは残らない。



(出典 news.nicovideo.jp)

【KinKi KidsのYouTube公式チャンネル開設!!!】の続きを読む


KinKi Kids(キンキ キッズ)は、堂本光一、堂本剛の2人で構成される男性アイドルデュオ。所属事務所はジャニーズ事務所。レコードレーベルはJohnny's Entertainment Record。略称は「キンキ」、「KinKi」。中国語表記は「近畿小子」。
187キロバイト (14,488 語) - 2022年7月12日 (火) 02:36



KinkiKids・キンキキッズ

7月21日デビュー25周年を迎えるKinKi Kids(以下キンキ)。ジャニーズ初のデュオとして活躍してきた2人を評価する声が多い。

今年は記念すべき年となるが、ファンの間で「25周年は不吉な年」と囁かれていて…。


■真逆の2人

キンキは、1997年7月にシングル『硝子の少年』でデビュー。舞台を中心に活躍する「王子様」イメージの強い堂本光一と作詞・作曲、ソロでの音楽活動をして「アーティスト」としての地位を確立する堂本剛という2人だ。

デビュー以降に発売したシングルは全てオリコン初登場1位を記録し、『硝子の少年』『愛されるより 愛したい』『全部だきしめて/青の時代』『フラワー』の4作はミリオンを記録するなど、絶大な功績を残してきた。


関連記事:峯岸みなみ、家事がほとんどできないことを告白 洗濯は人生で3回しか…

■デュオの難しさ

あるレコード会社関係者は、デュオで活動する難しさを語る。

「仕事で意見がぶつかった時に大変なんです。グループであれば、誰か2人が衝突しても間に入る人がいます。SMAPなら草彅剛さん、嵐なら相葉雅紀さんというように、誰かしら場を和ませてくれるタイプがいるものです。でも、デュオだとそういう人がいません。タッキー&翼の滝沢秀明さんと今井翼さん、期間限定ユニット・修二と彰の亀梨和也さんと山下智久さんも、お互いの意見がぶつかって一緒にいるのがしんどい時期もあったそうです。特に、キンキは性格的にも真逆の2人なので、苦しい時期もあったのではないでしょうか」(レコード会社関係者)。

■「25周年は不吉な年」

さまざまな苦難を乗り越え、25周年を迎えたのだろう。ここ数年、ジャニーズ事務所ではグループの解散、活動休止、さらに退所してグループを離れるメンバーが出るなど、混乱が続いている。

特に、25周年は「マイナス」の傾向があるという。「ジャニーズファンの間で『25周年はグループ崩壊の年』と囁かれています。SMAPは25周年の16年に解散し、TOKIOは元メンバー山口達也さんが18年に”事件”を起こした影響で翌年の25周年ライブができず、後に社内独立しました。これまで目立ったトラブルがなかったV6も、20年に25周年の配信ライブを成し遂げたと思ったらその翌年に解散…。キンキはそうした悪い流れを断ち切ってくれるのではないでしょうか」(前出・レコード会社関係者)。


■「不仲説」の真相は…

一部のメディアでは、2人の「不仲」や「解散」する可能性を報じられたこともあった。だが、前出のレコード会社関係者は、そうした説を一蹴する。

「光一さんと剛さんはカメラが回っていなかったり、2人だとほとんど話すことがないそうです。でも、それはお互いが嫌いだからではなく、長年連れ添ったからこその温度感によるものだと思います。嵐やKing&Princeのようにプライベートで一緒に遊んだり、食事に行くような関係とは違うかもしれませんが、お互いに違った長所を持ち、活躍する分野も異なるからこそ尊敬し合える関係なのではないでしょうか」(前出・レコード会社関係者)。

アニバーサリーイヤーは、25年間応援してくれたファンに”愛されるよりも愛したい”──。それが2人のいまの思いなのかもしれない。

・合わせて読みたい→堂本光一、好きな女性のタイプを赤裸々告白 「愛されるよりも愛したい」

(取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人

KinKi Kids、デビュー25周年達成… 2人で乗り越える「グループ崩壊の年」


(出典 news.nicovideo.jp)

【KinKi Kids、2人で乗り越える「グループ崩壊の年」】の続きを読む



堂本 (どうもと つよし、1979年〈昭和54年〉4月10日 - )は、日本のシンガーソングライター、アイドル、俳優、タレントであり、アイドルデュオ・KinKi Kidsのメンバーである。本名同じ。 奈良県奈良市出身。ジャニーズ事務所所属。身長166cm。血液型はAB型。 相方の堂本光一と同姓だが、血縁関係はない。
140キロバイト (14,491 語) - 2022年6月30日 (木) 15:43



【元記事を音楽ナタリーで読む】

堂本剛プロデュースしたファッションアイテムの受注販売がZOZOTOWNスタートした。

【大きな画像をもっと見る】

堂本剛とZOZOTOWNコラボ企画「ENDRECHERI × ZOZO」は、シンガーソングライターとしてソロデビュー20周年を迎える剛がZOZOTOWNLINEGYAO!とともに推進する「堂本剛プロデュース」内のプロジェクトの1つ。今回発売されるのはトップス、アウター、サングラス、帽子など全9型で、剛自身がアイテムデザインから色選び、イメージビジュアルのディレクションなどを担当している。「服を着るということ自体が、環境について考えるきっかけになることを伝えられるようなプロデュースをしたい」という彼の思いのもと、売上の一部は公益社団法人・国土緑化推進機構が運営する「緑の募金」に寄付される。ほかにも、サステナブルな素材の使用や過剰在庫を生み出さない受注販売方式の採用など、SDGsの要素が盛り込まれているのも特徴だ。なおアイテムの受注販売期間は2回に分けられ、7月7日から7月20日11:59までの第1弾では4型、8月10日12:00から23日11:59までの第2弾では5型の予約申し込みを受け付ける。

プロデュースの全貌はGYAO!オリジナル番組「つよしP」で無料配信中。各アイテムの商品ページには本人コメントも掲載されているのであわせてチェックしてほしい。

堂本剛 コメント

最初お話をいただいたときは、ワクワクする気持ちと同時に緊張感もありました。(服を着る人が)自分で決めて選択した「かっこいい」「かわいい」という個性を大事にしながら、なるべく多くの人がそれを体感出来る服作りを意識しました。そして地球のこれからのために、環境に対しても、僕たちがいまこの段階で出来る配慮をこの服とプロジェクトに詰め込みました。ZOZOさんとは、しょうもないことでめちゃくちゃ笑い合いながら最後まで辿り着けました。途中からZOZOさんも僕に洗脳されて、すごく変なビジュアルを撮ったりしたのですが大丈夫ですかね‥(笑)。決まり切ったカタチを全て取っ払い、すごく自由に直感的に服をプロデュースできたことは、僕の人生の中でも大きな宝物になりました。

「ENDRECHERI × ZOZO」


(出典 news.nicovideo.jp)

【堂本剛×ZOZOアイテム受注販売スタート】の続きを読む

このページのトップヘ