【ジャニーズまとめサイト】 当ブログは主にジャニーズ・芸能情報まとめサイトとなります。

KAT-TUN



亀梨 和也(かめなし かずや、1986年〈昭和61年〉2月23日 - )は、日本の歌手、俳優、タレント、キャスター、司会者で、男性アイドルグループ・KAT-TUNのメンバー。 東京都江戸川区出身。ジャニーズ事務所所属。 親戚が本人の知らないうちに履歴書を送り、NHKで行われたオーディションに連れて
53キロバイト (6,068 語) - 2022年6月21日 (火) 12:10



 KAT‐TUNの亀梨和也イラストレーターのわたせせいぞうが「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」(NHKEテレ)で対談。その模様が放送されるや、わたせの絵画が品切れを起こしたという。

 番組は6月13日に放送されたもので、亀梨はドラマ妖怪人間ベム」(日本テレビ系)で共演した北村一輝から漫画「ハートカクテル」を薦められて以来、わたせのファンに。いろいろな人にその漫画の面白さを語っていたところ、亀梨の出演する「Going!NewsSports」(日本テレビ系)のプロデューサーがわたせの息子であったという。

 亀梨がわたせのファンということを聞いたわたせは息子を通して絵のプレゼント。その絵がわたせ作の「ハイビスカス・アイランド」という作品だった。プレゼントされてから亀梨はその絵を10年間、寝室に置いているというのだ。

「番組でその絵が紹介されたとたん、アマゾンなどのサイトではこの『ハイビスカス・アイランド』がバカ売れとなり、大きいサイズのものから小さいサイズのものまで品切れを起こしたんです。ファンからしてみれば、タレントと同じものを持てるというのは嬉しいでしょうからね」(芸能関係者)

 最近では中居正広ラジオ番組で「よく食べている」と話した高級なプチトマトがバカ売れ、昨年は木村拓哉が「好きな納豆」と紹介した納豆がバカ売れしたことも。それだけタレントの愛用品を求めるファンが少なくないということだろう。

アサジョ


(出典 news.nicovideo.jp)

【KAT‐TUN・亀梨が対談した「わたせせいぞう」のイラストがバカ売れして品切れに!】の続きを読む




亀梨 和也(かめなし かずや、1986年〈昭和61年〉2月23日 - )は、日本の歌手、俳優、タレント、キャスター、司会者で、男性アイドルグループ・KAT-TUNのメンバー。 東京都江戸川区出身。ジャニーズ事務所所属。 親戚が本人の知らないうちに履歴書を送り、NHKで行われたオーディションに連れて
52キロバイト (6,003 語) - 2022年6月18日 (土) 17:31



6月20日(月)、KAT-TUN亀梨和也が「SWITCHインタビュー 達人達」(夜10:50-11:20NHK総合)に出演。わたせせいぞう氏との対談の後編が放送される。

【写真】似てる...!わたせせいぞう氏が描いた亀梨和也

10代から第一線で活躍し、2022年デビュー16年目を迎える亀梨はアイドル・俳優とマルチに活動している。そんな亀梨が会いたいと願った相手が、大ファンだという漫画「ハートカクテル」の作者、わたせせいぞう氏だった。

わたせ氏の作品はカラフルで都会的な男女のショートストーリーが、80年代に圧倒的支持を得た「ハートカクテル」をはじめとして、現在もリバイバルヒットが続き、CDジャケットや広告ポスターなどにも数多く起用されている。

亀梨はそんなわたせの絵を自宅に飾り、毎日寝る前に眺めるほどのファンだと語る。さらに、わたせが亀梨の似顔を描くサプライズに興奮する。


亀梨和也/(C)NHK


(出典 news.nicovideo.jp)

【亀梨和也 わたせせいぞう氏と対談】の続きを読む



1 鉄チーズ烏 ★ :2022/06/08(水) 22:27:59.78
週刊女性PRIME
https://www.jprime.jp/articles/-/24196?display=b

(出典 jprime.ismcdn.jp)


《毎回色んなコスプレしたファンが居ますが、今回は本物のウエディングドレスの人を見ました 座席3つ分の面積のスカート…隣の席の人は迷惑だろな~と思いました もし私が隣だったら、わざとスソ踏んでやる》

 5月下旬に投稿された、とあるツイートが一部のジャニーズファンによって共有されると、瞬く間に“コンサートにウェディングドレスで参戦した猛者がいる”として、多くのファンによってSNSで拡散された。すると、

《非常識すぎて話にならんよね ウェディングドレスって、、笑 教会とかで着なさい!》
《ウエディングドレスと花冠でLIVEきて 迷惑かからないって思ってるって 想像力の欠如がすごい》
《ウェディングドレス?なんなん?迷惑かけてんのも分からんのかよ マナー守れよ!》

 “ウェディングドレスの人”に対する批判は現在も収まらず、物議を醸している。一体、何が起きたというのか。Webニュースメディアの編集者が詳細を明*。

■SNSで「まじ私ら優勝よ」

「どうも、『KAT-TUN』全国ツアーの愛知公演がきっかけみたいですね。コンサートに参加したファンの中に、純白のウェディングドレス姿にお揃いの花冠をつけた2人組がいて、周りからかなり浮いた存在に映っていたみたいですね。

 その当人とされる女性もSNSに画像をアップしていて、“かわいい”と同調するリプライには“まじ私ら優勝よ”と返し、一方で苦言に対してはどこ吹く風で“更年期?”などと応戦(苦笑)。まあ、コンサートで“ウェディングドレスを着てはダメ”と明確に禁止されているわけではないので、批判される言われはないと言えば……」

 たしかにジャニーズファミリークラブ公式HPを確認すると、《コンサート・舞台 応援マナーについての注意とお願い》として、うちわやペンライトなどの応援グッズの取り扱い、会場内での録音・撮影の禁止、座席に立ったり、席を移動することに対する注意事項はあれども、服装に関する記載はない。

 そのため友人同士でお揃いコーデをしたり、またタレントのステージ衣装に合わせて自作したりと、思いのままのファッションを楽しむファンがいることも事実。東京ディズニーランドと同様に“非日常”の世界を味わい、友人との思い出を作ることもジャニーズコンサートの醍醐味なのだろう。

「彼女たちが派手なファッションに身を包む理由はもう一つあります」とはジャニーズ事情に詳しい芸能ライター。

「それはステージ上にいる“自担”に自分の存在を気づいてもらいたいためで、ジャニーズ名物の装飾うちわも、ファンサービスをしてもらいたいためにデコるんです。数万人の中から自分を見つけてもらうことは、それは何よりも幸せな瞬間で、それなら周りより少しでも目立とうとする心理が働くのは当然」

■迷惑行為と判断される可能性も

 では、服装に関する規制がなく、いわば“コスプレ”しても許される中でなぜ、ウェディングドレスだけに大きな拒絶反応が起きているのだろうか。

「着ている本人は大満足なのでしょうが、ふわりとしたドレスが近隣席に侵食するでしょうし、裾を踏まないようにと気を使わせるかもしれない。もしも周囲のファンが、ステージを楽しむ環境が損なわれたとスタッフに申し出れば、迷惑行為と判断されて注意される可能性もあると思います。

 それに、何よりも花嫁の象徴であるウェディングドレスを堂々と着てしまう感覚に、グループを応援する同じファンとして非常識に思えるのでしょう。結婚したいほどに好き、な気持ちはわからないではないですが(苦笑)」(前出・芸能ライター、以下同)

 ドレスに身を包んだ当該女性が画像とともに投稿したのは、《ゆっちとの結婚式無事に終わりました》という火に油を注ぐような報告。冗談だとしても、中丸雄一のファン、そしてジャニーズファンにとって許し難い言動に映ったのかもしれない。

 このコンサートにおける“暗黙”ルールは、他にもウェディングドレス同様に周囲の邪魔になる服装、また水着を含めた露出度の高い服はNGとみなされるそう。節度あるファッションで臨むのが無難ということか。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

【『KAT-TUN』のコンサートに「ウェディングドレスで参戦」する人現るwwwwwww】の続きを読む




【KATTUNLIVETOUR2022Honey ライブレポ・感想まとめ】の続きを読む


 5月31日放送のテレビ朝日系バラエティ番組『家事ヤロウ!!!』に出演した、KinKi Kidsメンバー堂本剛ジャニーズの後輩に発した「小言」が話題になっている。

 この日の『家事ヤロウ!!!』は番組後半に「2022年下半期家電ヒット予測」と題し、今年の下半期に流行しそうな最新調理グッズを特集した。

 スタジオにはゲストとして堂本が出演し、家事や料理のこだわりなどを聞きながらトークを行った。

 ​>>『家事ヤロウ』本田翼の調理シーンに「絶対、自分で作った事ない」の指摘、とろろを素手で触り物議<<​​​

 番組レギュラージャニーズの後輩であるKAT―TUN中丸雄一は、堂本との共演に緊張を隠せない様子であり、番組レギュラーバカリズムは中丸に「同じ事務所の先輩ですよね?」とエピソードを聞くと、中丸は「ずっと後ろにつかせて貰ってて……」「この距離で会話するなんて」「まさか横に並ぶなんて」と当時から近寄り難くも憧れの存在だった堂本への敬意を示した。

 その一方、堂本は中丸のこれらの発言に違和感を覚えていたようで、「こんなに言ってくれるですけどね……(楽屋に)挨拶来ない派?」と本番中、中丸が事前の楽屋挨拶へ来なかった事を暴露した。

 中丸は慌てながらも、「確かに!すいません!」と事前に挨拶をしていなかった事を謝罪していた。

 縦社会であるはずのジャニーズ事務所で、後輩の「事前の挨拶なし」はあり得ないため、ネットでは「え!?挨拶なしだったの?」「それはポンコツ過ぎる」「めちゃ詰められている」「それは良く無い」といった声が相次いでいた。

 だが、中丸によると、事前挨拶へ行かなかったのは彼なりの考え方があったようで、『家事ヤロウ!!!』は木村拓哉など大物ゲストの場合、番組レギュラーに誰が来るのか知らされてなく、「挨拶していいのか迷いがあった」と語っていたほか、新型コロナウイルスの感染予防のため、楽屋挨拶は控えていた事が中丸の口から明かされていた。

 その発言を受け、ネットでは「挨拶なしで責められるのはちょっと可哀想」「いろいろ考え方あるものね」「しょうがない部分はあるよね」といった擁護の声も相次いでいた。

 堂本にとっては、軽い「冗談」だったかもしれないが、後輩にも色々考えがあるのだ。 

画像はイメージです


(出典 news.nicovideo.jp)

中丸 雄一(なかまる ゆういち、1983年〈昭和58年〉9月4日 - )は、日本の歌手、タレント、俳優、ヒューマンビートボクサー、司会者、YouTuber、コメンテーターであり、男性アイドルグループ・KAT-TUNのメンバーである。愛称は「ゆっち」。 東京都北区赤羽出身。ジャニーズ事務所所属。
43キロバイト (4,963 語) - 2022年5月23日 (月) 09:32



<このニュースへのネットの反応>

【KAT―TUN中丸、先輩に挨拶せず?『家事ヤロウ』キンキ堂本剛に指摘され驚きの声も】の続きを読む

このページのトップヘ