【ジャニーズまとめサイト】 当ブログは主にジャニーズ・芸能情報まとめサイトとなります。

Hey! Say! JUMP


山田 涼介(やまだ りょうすけ、1993年5月9日 - )は日本の歌手、俳優、タレント。男性アイドルグループ・Hey! Say! JUMPのメンバー。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。 小学生の時からサッカーを始め、プロのサッカー選手を目指してプロサッカー(Jリーグ)チームである湘南ベルマーレの
35キロバイト (4,124 語) - 2022年6月29日 (水) 11:04



7月1日放送の「スクール革命!presents クイズ時間よ止まれ」(日本テレビ系) では、ゲスト櫻井翔水卜麻美アナウンサーが登場。レギュラー出演者らと共にクイズに挑戦した。

【写真】クイズに苦戦する櫻井翔 水卜麻美アナ&高地優吾とともにクイズに挑戦

■高地優吾、休止中の八乙女光に代わり「僕がバカ代表として…」

クイズ 時間よ止まれ」は、持ち点からクイズの正答までにかかった時間分だけ減点され、最後に残った点数が多いチームが勝ちとなる企画。レギュラー出演者たちによる3チームと、「THE MUSIC DAY」の総合司会を務める櫻井とMCの水卜アナに、高地優吾を加えたチームの計4チームで戦う。

MCを務める山田涼介は、チーム編成に関して「水卜アナと櫻井くんだとさすがに強すぎるんじゃないかということで、『スクール革命!』随一のバカの高地を入れてバランスを取ろうと」と説明。

高地は笑いながら「そうですね」と認め、「バカの本館(八乙女光)がいるんですけど、今リニューアル中なんで、僕がバカ代表としてゴールデンは頑張ろうかな」と活動休止中の八乙女に触れ、櫻井に解説する。

レギュラー放送でお約束の表現を使用した高地に対し、山崎弘也(アンタッチャブル)は「説明がわからなくてすいません」と謝罪。「本館とか、リニューアルとかわからないから」と高地に注意すると、内村光良(ウッチャンナンチャン)も「ローカルな話でごめん」と櫻井に謝った。

山田涼介「(櫻井に)『違います』って言うのが心苦し過ぎて」

クイズでは山田が先輩の櫻井に必要以上に気を遣ってしまう場面も。ある問題で櫻井が誤答をすると、なぜか山田が「すいません!」と謝罪。山崎が「謝らないで」と指摘するが、山田は「(櫻井に)『違います』って言うのが心苦し過ぎて」と言い訳した上、「『スクール革命!』チームと同じようには絶対に扱えん!」と言い放つ。

内村を始め、「スクール革命!」チームからは一斉にブーイングがあがるも、山田は「内村さん!無理です。ごめんなさい。すごい汗かいてます」と緊張ぶりを訴えた。

さらに気を遣われていた櫻井が窮地に追い込まれる場面も。「THE MUSIC DAY」チームに出題された「1万人が選ぶ!史上最強女性アイドルTOP20から10組しぼりだせ」という問題では、事前に2021年の「THE MUSIC DAY」で発表されていたランキングであることが明かされる。

他のチームからはできて当たり前と言われるが、櫻井は「史上最強でしょう?何史?何史から?」と焦り出し、「SPEED」という最初の解答が不正解となり固まる。その後も苦戦する場面が多く、結果、制限時間以内に解答できずに終了。

山田が「櫻井くん、どうしちゃったんですか……」と心配すると、櫻井は「これはね。これはね。これはね」と言葉も続かない。周りからツッコを受ける中、櫻井は「こういったランキングも楽しめるのが、『THE MUSIC DAY』です」とどさくさに紛れてアピール。山崎は「ピンチチャンスに変える男」と笑うが、山田からは「さすがにダメです」と注意されていた。

次回の「スクール革命!」は7月3日(日)昼11:45より放送予定。

※高地優吾の高、正しくは「はしご高」


櫻井翔が「スクール革命!presents クイズ時間よ止まれ」に登場


(出典 news.nicovideo.jp)

【山田涼介「同じようには絶対に扱えん!」】の続きを読む



山田 涼介(やまだ りょうすけ、1993年5月9日 - )は日本の歌手、俳優、タレント。男性アイドルグループ・Hey! Say! JUMPのメンバー。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。 小学生の時からサッカーを始め、プロのサッカー選手を目指してプロサッカー(Jリーグ)チームである湘南ベルマーレの
35キロバイト (4,124 語) - 2022年6月29日 (水) 11:04



モデルプレス=2022/07/02】俳優でアーティストの松下洸平が、2日放送の日本テレビ系夏の音楽の祭典「THE MUSIC DAY 2022」(15時から22時54分まで8時間生放送)に生出演。出演後に行われた取材会に出席し、ステージの感想を語った。

【写真】乃木坂46・なにわ男子・NiziUら「THE MUSIC DAY 2022」タイムテーブルはこちら

◆松下洸平、山田涼介に救われたこと

放送では、リスペクトしているという玉置浩二の「田園」を夏らしさたっぷりに披露。家族とのドライブでの思い出の1曲であると明かしていたが「そのジャケットの玉置さんのお顔をすごく覚えていて、大人になってからもそのジャケットの写真を見ると子供の頃を思い出す」と幼少期のことについて語った。

また、背中を押すような歌詞が印象的な同曲だが、「親が聞いていたのを覚えていて、親も励まされていたんだろうなって大人になってから分かるというか…」としみじみ。「親だから見せなかったけど、これを聴いていたってことは、背中を押されていたんだなと思っています」と振り返っていた。

◆松下洸平、山田涼介に救われたこととは?

今回のような大型音楽イベントに出演するのは初だという松下は「ここまで来ると緊張するというよりも楽しんだ方が良いな、と思ってあまり緊張せずに」とリラックスして臨めたと回想。出番前には「Hey! Say! JUMPの山田(涼介)くんが僕の肩を揉んでくれていたんで(笑)、それでだいぶ救われました」と2021年に公開された映画「燃えよ剣」にて共演歴もある山田涼介からの気遣いもあったとホッとした面持ちで話していた。

また下半期を迎えたことを受けて、2022年後半の目標を問われると「8月に2ndシングルが発売されるのと、年末には二度目のツアーが控えているので、まずは歌を歌う人間だというのを多くの方に知っていただきたいと思っています」とアーティストとして意気込み。そして「歌手としての自分というのを沢山の人に知っていただきたいので、今回はありがたい機会をいただきましたし、チャンスがあれば沢山出させていただいて、1回でも多く歌を歌っていければと思います」と歌手活動にさらなる意欲を見せていた。

◆3年ぶりの有観客「THE MUSIC DAY 2022」

10回目の放送を迎える「THE MUSIC DAY」。今年も総合司会は嵐・櫻井翔が務める。

今年は3年ぶりの有観客で開催。「もう一度、音楽で世代を超えてつながりたい」をコンセプトに、昭和・平成・令和の名曲たちがずらり。家族・親子・友達・恋人…すべての方々が楽しめる、世代を超えて愛される歌、誰もが口ずさみたくなる歌を、会場の熱気と共に生放送する。(modelpress編集部)

Not Sponsored 記事】

松下洸平 (C)日本テレビ


(出典 news.nicovideo.jp)

【山田涼介、MUSICDAYで松下洸平にした"ある"事とは?】の続きを読む



山田 涼介(やまだ りょうすけ、1993年5月9日 - )は日本の歌手、俳優、タレント。男性アイドルグループ・Hey! Say! JUMPのメンバー。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。 小学生の時からサッカーを始め、プロのサッカー選手を目指してプロサッカー(Jリーグ)チームである湘南ベルマーレの
35キロバイト (4,124 語) - 2022年6月29日 (水) 11:04



モデルプレス=2022/07/02】Hey! Say! JUMP山田涼介が主演を務める映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』(公開中※二部作連続公開)より、CGスペシャルメイキング映像、オフショットが解禁された。

【写真】山田涼介&波瑠、芸能人同士の恋愛に本音

山田涼介主演「鋼の錬金術師」完結編

本作は、2001年に月刊『少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)で連載が開始するや、魅力的なキャラクター、緻密に練られたストーリー、圧倒的で唯一無二な世界観で、世界中から愛されるベストセラーとなった漫画『鋼の錬金術師』が原作。国家錬金術師の抹殺を誓う男スカーとの対決を描く『復讐者スカー』と、国家を揺るがす巨大な陰謀に導かれていく『最後の錬成』。2つの物語を圧倒的スケールで描き切る、堂々の“完結編”となっている。

主演の山田をはじめ、本田翼ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子本郷奏多内野聖陽、新田真剣佑、舘ひろし、渡邊圭祐、黒島結菜山本耕史栗山千明山田裕貴ら豪華俳優陣が出演する。

シリーズ完結編を飾る『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』が6月24日より公開となり、本作を鑑賞した観客からは「役者のみなさまの役作りが凄かった。とても素敵でした」、「VFXの技術が凄すぎてあのアニメをよく実写できたなぁ…てしみじみ思ってしまった。大迫力の完結編をあと何回見よう(笑)」、「原作に対する愛とか忠実にやろうという想いとかをひしひしと感じた。山田エドは言わずもがな素晴らしいけれど、奴隷23号とお父様の3役を演じ分けていたところが最高でした」といった再現度の高さや映像の迫力に驚きの声があがっている。

山田涼介主演「鋼の錬金術師」完結編、CGスペシャルメイキング映像も解禁

今回、1作目から出演を続けた山田、本田、ディーン、蓮佛がCGメイキング映像を観ながら本作撮影時を振り返る特別映像が解禁。『最後の錬成』冒頭の馬車が襲撃されるシーンは4人とも登場しておらず、完成した本編しか観ていなかったこともあり、完成するまでのまさかのメイキング映像に驚愕。山田はグリーンバックを多用しながらも絵コンテを十分に準備されている撮影に大きな苦労も感じずに対応することができたとのことで、「撮影スタイルは独特でしたが、この4人(山田、本田、ディーン、蓮佛)は前作から出ているので要領は得ていた」とコメントし、さすが座長と言える安定感を見せた。

本田は「(4人が揃った車のシーンは)とても短いシーンだけど、とても時間をかけて撮影しました」と当時の様子を振り返った。「点を見ながら芝居をするのはやはり難易度が高い。本作の曽利組は特別なバミり(役者の立ち位置などの目印)があったので感情移入しやすかった」と話すディーンに山田らも笑いながら頷いていた。

本映像を見るだけでもCGの割合が多いことが容易に想像できるが、本作のポストプロダクション(=撮影終了後の編集やCG制作を含むすべての作業)は実に約16か月に及び、カット数は約2000カットスタッフ数は約300人(のべ人数)、そしてCGの割合においては約90%であったということも明かされ、山田は「そうだと思います。まっけん(新田真剣佑)の目の色味や、太陽の光など含めて微妙にいじらなきゃいけない部分もあると思う」としみじみと監督のこだわりと苦労をかみしめた。

山田涼介、満面の笑みのオフショット公開

そして今回、撮影の合間にリラックスした表情を見せる主演の山田の新たなオフショットも解禁。本編の中ではなかなか見ることのできない満面の笑みで、撮影を共にした犬と休憩をするとても貴重な一枚となっている。(modelpress編集部)

Not Sponsored 記事】

山田涼介(C)2022 映画「鋼の錬金術師2&3」製作委員


(出典 news.nicovideo.jp)

【【鋼の錬金術師】山田涼介、満面の笑みのオフショット公開】の続きを読む



中島 裕翔(なかじま ゆうと、1993年8月10日 - )は、日本のタレント、俳優、ファッションモデルであり、男性アイドルグループ・Hey! Say! JUMPのメンバー。 東京都町田市出身。ジャニーズ事務所所属。 母親が勝手に履歴書を送り、2004年、小学5年生・10歳の時にジャニーズ事務所に入所し、ジャニーズJr
28キロバイト (3,209 語) - 2022年6月23日 (木) 10:41



モデルプレス=2022/06/30】Hey! Say! JUMP中島裕翔と女優の吉川愛6月30日、都内で行われた7月14日スタートフジテレビ系新木曜劇場「純愛ディソナンス」(毎週木曜よる10時~ ※初回15分拡大)の制作発表に出席。お互いの印象について語る場面があった。

【写真】吉川愛、引退していた“天才子役”が芸能界復帰 嵐・二宮和也の“妹役”など

中島裕翔主演「純愛ディソナンス

今作は初の教師役を演じる中島と、女子生徒役を演じる吉川の禁断の恋を描き、“純愛”を軸にストーリーが展開するが、この純愛は常にタブー背中合わせで次第に周囲を巻き込み、やがて“ディソナンス不協和音”となってドロドロな展開を生み出していく純愛×ドロドロエンターテインメントとなっている。

中島裕翔、初の役どころに挑戦

役衣装で登場した2人は、それぞれの役どころを聞かれた。新任音楽教師・新田正樹役を演じる中島は「兄とずっと比較されていてコンプレックスを抱いていて、その反動でどうやったら人に好かれるかとか、相手の言ってほしいことを常に考えるという、ちょっと打算的なところがある、計算高い男です」とし「外向きはいい顔をしているんですけど、中身はシリアスダークという僕自身も初めての役どころ」と言及。

続けて「それでいて音楽の先生でピアノを弾くということで、ゼロからのスタートで本当に大変だったんですけど、劇中で弾くピアノの曲がこの2人にとってもテーマソングになったりするので頑張ったところでもありますし、初めての役どころで難しいところを楽しみながら、模索しながらやっています」とコメントした。

女子生徒の和泉冴役を演じる吉川は「小さい頃から母子家庭でずっと育ってきて、お母さん(富田靖子)がちょっと難癖がありまして(笑)。そのお母さんから逃げるために必死でバイトをしたりしている女の子なんですけど、すごくピュアでかわいらしい女の子で、でも家庭環境がいろいろあって、ちょっと病みがある女の子です」と紹介した。

中島裕翔吉川愛に「癒されています」

また、今回が初共演だという2人は、共演しての印象を尋ねられた。吉川について中島は「最初は物静かで、それでいて凛としていて、どこかあどけなさがあって可愛らしい方だなと思ったんですけど、笑うときとかガハハハッっと大きく笑うし、それくらい笑いの絶えない中でやっているので、“純愛ドロドロ”と銘打っていますけど、現場はすごく和気あいあいとしています」と告白。

さらに「その流れで吉川さんが現場にいらっしゃるとみんなニコッとしちゃうというか、シーンを撮った後にモニターチェックするんですけど、そのときに監督だったり記録さんとか音声さんがみんなで『かわいいね』言っていますね。吉川さんのおかげで現場が癒されています」と感謝を述べた。

吉川愛中島裕翔の印象語る

一方、中島について吉川は「楽しいですね。中島さんがいるとまとまるし、でも盛り上げてくださるんですね。キャストの方ともたくさんお話をされますし、スタッフさんともたくさんお話をされますし、いろんな方とずっとお話ししているイメージがあって、もうちょっとクールな方なのかなと思っていたんですけど、こんなに和気あいあいと話してくださる方なんだなと思いました」と吐露。

中島は「2人とも(ドラマでは)この和やかな雰囲気とは違う顔をしていますからね。このギャップを楽しんでいただければと思います」とアピールした。

中島裕翔、主演のプレッシャー吐露

主演のプレッシャーはあるか聞かれた中島は「ありますよ!めちゃめちゃあります。各方面からの…(笑)」と打ち明けつつ「でもそれは自分がやったことのない役にチャレンジできるという機会をいただいているので、それを押し退けてチーム一丸となってみなさんのご期待に応えられるように、それ以上のものを現場のみんなで作っています」とコメント

「本当に制作意欲の強い、熱いスタッフさんがキャストも含めて多いので、その人たちの力を借りながらも、木10初めての主演ということで、僕自身が主演・主演するのは好きではないんですけど、みんなとチーム一丸となってやっていきたいなと思いますね」と意気込みを語った。

そんな中島について吉川が「そんなプレッシャーを感じているようには見えないですね。もう座長としてドシっとしてますよ」というと、中島は「どちらかというと吉川さんの方がドシっとしてますよ」と返して笑わせた。

中島裕翔ピアノ生演奏

同発表会では、中島がピアノの腕前を披露する一幕も。中島は「劇中では先生の音を使うんですよ。もちろん僕もちゃんと弾いているんですけど、自分の生音をお届けするのは初めてなのですごく緊張します」と吐露。

亡き王女のためのパヴァーヌ』と曲振りをされたが、中島は『猫踏んじゃった』を弾き始め、すぐさま吉川が「違います!」とツッコミを入れると、中島は「すごいですよ。1か月くらいしか経ってないのにこの反応速度ですからね」と吉川の反射神経を褒めた。

改めて『亡き王女のためのパヴァーヌ』を弾いた中島は「手がブルブル…。よかった手元が見えなくて」と緊張した面持ちで語り、吉川は「ドラマのときより上手くなっていてびっくりしました。顔を上げたりして、先生がこの曲を『優雅に滑らかに弾いてください』って言っていたんですけど、それを実際にやってのける中島さんはやっぱりすごいなと思いますね」と絶賛した。(modelpress編集部)

Not Sponsored 記事】

制作発表に出席した中島裕翔、吉川愛 (C)モデルプレス


(出典 news.nicovideo.jp)

【中島裕翔が吉川愛に「癒されています」】の続きを読む



中島 裕翔(なかじま ゆうと、1993年8月10日 - )は、日本のタレント、俳優、ファッションモデルであり、男性アイドルグループ・Hey! Say! JUMPのメンバー。 東京都町田市出身。ジャニーズ事務所所属。 母親が勝手に履歴書を送り、2004年、小学5年生・10歳の時にジャニーズ事務所に入所し、ジャニーズJr
28キロバイト (3,209 語) - 2022年6月23日 (木) 10:41



 人気グループHey! Say! JUMP中島裕翔が30日、都内で行われたフジテレビ系連続ドラマ『純愛ディソナンス』(毎週木曜 後10:00※7月14日スタート、初回15分拡大)制作発表にヒロイン吉川愛と参加した。

【全身ショット】華奢な二の腕がちらり…清楚な制服姿の吉川愛

 中島演じる音楽教師・新田正樹と、吉川演じる生徒・和泉冴の純愛を軸に、タブー背中合わせの2人の関係が、周囲の人物を巻き込んで、やがて“ディソナンス不協和音”を奏でていく純愛×ドロドロ“純ドロ”ストーリー。2部構成となる前半は、高校を舞台とした教師と生徒の禁断の恋、後半は5年後、成人した冴と再会を果たした正樹だが、彼には妻がいた…。

 中島は「純愛ドロドロと銘打ってますけど、楽しい現場です」と和やかな現場の様子を報告。中島の後輩でありHiHi Jets(ジャニーズJr.)の高橋優斗(※高=はしごだか)はビデオメッセージを寄せ「正樹の胸ぐらをつかむシーンがあったんですけど『来て大丈夫だから、来なよ』って言ってくれて、めちゃめちゃ思い切りやったんですけど、マジで気持ちよかったです」と笑わせる一幕も。

 上映終わりに中島は「どんな話ですか?先輩の胸ぐらつかんで気持ちいいって」とツッコミ。吉川が「でも、なかなかないですからね。先輩の胸ぐらつかむって」と乗っかると、中島は「僕もありました。関ジャニ∞の横山(裕)くん。そのときも『いいよ、来て』って言ってくれて、ガッといかせてもらったんです。優しい先輩だなと思って」と自身の体験を述懐した。

 しかし「後日、関ジャニ∞さんのスタイリストさんが『ヨコがめっちゃ痛がってた』って。全力で来てっていったじゃん!って(笑)ジャニーズの胸ぐらあるあるですね。僕も痛かったんですけど、そのくらい来てほしいなって」と笑顔に。一方で「なんか(高橋の)しゃべり方がYouTuberみたい。こなれてる感じですね、『おねがいしまぁ~す』みたいな」とイジり倒していた。

高橋優斗に胸ぐらを掴まれたと明かした中島裕翔(左)と吉川愛(右) (C)ORICON NewS inc.


(出典 news.nicovideo.jp)

【 中島裕翔、高橋優斗に撮影で胸ぐら掴まれ…】の続きを読む

このページのトップヘ