【ジャニーズまとめサイト】 当ブログは主にジャニーズ・芸能情報まとめサイトとなります。

Johnny’s


田中 (たなか じゅり、1995年〈平成7年〉6月15日 - )は、日本のアイドル、俳優であり、男性アイドルグループ・SixTONESのメンバーである。本名同じ。 千葉県柏市出身、ジャニーズ事務所所属。 入所前の2007年、兄・田中聖の初主演作TBS系列ドラマ『特急田中
63キロバイト (8,698 語) - 2022年7月3日 (日) 20:06



モデルプレス=2022/07/04】俳優の綾野剛が主演を務めるTBS系日曜劇場オールドルーキー」(毎週日曜よる9時~)の第2話が、3日に放送された。豪華ゲストに注目が寄せられている。

【写真】横浜流星「オールドルーキー」でのサッカー選手姿

綾野剛主演「オールドルーキー」

完全オリジナルとなる今作は、サッカー以外のスキルや経験が何もないどん底に追い込まれた37歳の主人公・新町亮太郎(綾野)が、一生懸命に新たな目標に向かって生きるヒューマンドラマであると同時に、もう一度娘が誇れる父親になるために奮闘する家族再生の物語。

横浜流星&田中樹…豪華ゲストが話題

綾野のほか、芳根京子中川大志、増田貴久(NEWS)、生田絵梨花榮倉奈々反町隆史など錚々たるキャストレギュラー出演しているが、サプライズ登場のゲストも話題に。

第1話では、俳優の横浜流星サッカードイツリーグで活躍するスター選手・矢崎十志也役で出演。亮太郎がスポーツマネジメント会社「ビクトリー」で働き始めるきっかけとなり、物語の鍵を握る存在となっていた。

第2話のラストでは、SixTONESの田中樹がマラソン界の絶対的エース・秀島修平として登場。第3話に本格登場するが、撮影前に青山学院大学陸上競技部のバックアップで練習を重ねたという走りに注目が集まっている。

◆「オールドルーキー」サプライズゲストに期待の声

なおスポーツ界からも、第1話に日本サッカー界のレジェンドでもある大久保嘉人・加地亮・坪井慶介・那須大亮・秋元陽太、第2話に東京オリンピックスケートボードメダリスト四十住さくらゲスト出演。アスリートたちの登場でよりリアルを追求したストーリーになっている。

第3話では日曜劇場初出演で大役を担った田中の演技に注目だが「流星くんに樹くん…ほかにもゲストいるのかな?」「こんな豪華なゲスト続々と出るなんて今後も期待しちゃう」「毎週ワクワクする」など、今後のさらなるサプライズゲストに期待する声も寄せられていた。(modelpress編集部)

情報:TBS

Not Sponsored 記事】

横浜流星/「オールドルーキー」第1話より(C)TBS


(出典 news.nicovideo.jp)

【横浜流星にSixTONES田中樹・・・「オールドルーキー」豪華ゲスト】の続きを読む


倖田來未、「有吉ゼミ」でヒロミ&ジェシーに家具作りを依頼


ジェシー(1996年〈平成8年〉6月11日 - )は、日本のアイドル、俳優、ファッションモデルであり、男性アイドルグループ・SixTONESのメンバーである。旧芸名はルイス・ジェシー。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。 立川市立立川第二中学校出身。2006年9月にジャニーズ事務所に入所。ジャニー
50キロバイト (5,947 語) - 2022年6月28日 (火) 20:03



【元記事を音楽ナタリーで読む】

本日7月4日(月)19:00より放送される日本テレビ系「有吉ゼミ 2時間スペシャル」に倖田來未が出演する。

倖田は「ヒロミ&ジェシー八王子ホーム」のコーナーに依頼主として登場。コレクションしている大量のCDとアナログレコードを収納するスペースがないという倖田の悩みを解決すべく、ヒロミとジェシー(SixTONES)が古き良きアメリカレコードショップの空気を感じさせる“50'sアメリカ風家具”を作る。ヒロミとジェシーがさまざまな家具パーツを作り上げる中、DIY好きの倖田も丸ノコを使って材木のカットに挑戦。予想以上の切れ味に「気持ちいい!」と大興奮する。

日本テレビ系「有吉ゼミ 2時間スペシャル」

2022年7月4日(月)19:0021:00

左からヒロミ、倖田來未、ジェシー。


(出典 news.nicovideo.jp)

【ヒロミ&ジェシーが倖田來未の依頼で家具作り!!!】の続きを読む



京本 大我(きょうもと たいが、1994年〈平成6年〉12月3日 - )は、日本のアイドル、ミュージカル俳優であり、男性アイドルグループ・SixTONESのメンバーである。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。 2006年5月、ジャニー喜多川のスカウトによりジャニーズ事務所にレッスン生として入所する。同年、ジャニーズJr
53キロバイト (6,462 語) - 2022年5月13日 (金) 08:45



二宮和也が主演し、ダメ男とポンコツロボットの友情を描く「TANG タング」の新たな場面写真が披露された。主演の二宮、単独での映画本格出演は本作が初となる「SixTONES」の京本大我の共演シーンをとらえている。

【画像】愛らしい!迷子のロボット、タング

本作は、2016年ベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれ、日本でもシリーズ累計発行部数28万部を超えるベストセラー英小説「ロボット・イン・ザ・ガーデン」(作:デボラインストール/訳:松原葉子/小学館文庫刊)を映像化。「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」「思い、思われ、ふり、ふられ」の三木孝浩が監督、ドラマ「恋はつづくよどこまでも」の金子ありさが脚本を手がけ、人生に迷うダメ男・健(二宮)と記憶喪失ロボットが繰り広げる冒険を日本版にアレンジして描く。

ある日突然、健の家の庭に現れたポンコツロボットのタング。健は時代遅れで旧式なデザインのタングを最新型のロボットと交換してもらうため、アンドロイド製造の大手企業・アトビットシステムズ社を訪ねることに。そこでAIやロボットについては博学だが、超がつくほどのナルシスト・林原(京本)と出会い、故障したタングを診てもらう。

場面写真は、林原がタングに特別な力が備わっていると興味を示すものの、健にはそれが信じられず、2人揃ってタングを見つめているシーンを活写。林原はタングを修理するため、健に中国の深センへ行くことを促し、タングを最新型ロボットと交換するために始まった旅が、いつしかタングを修理する旅となり、冒険もさらにスケールアップしていく。

京本は大先輩の二宮との共演に緊張し、撮影前にはしっかりとシミュレーションをしたそう。そのことを聞いた二宮は「緊張されていたんですか? 僕自身は、後輩だというよりかは、ドラマや映画で出会う、若い俳優さんと同じように向き合いました。その方が自然に話しやすいなと思っていたのですが、それが怖かったんですかね(笑)?」と京本への印象を語る。

京本は、撮影当時を「二宮君の作品をたくさん観てきたので、あの距離で二宮君と芝居をするのは、鳥肌が立つほどの緊張感がありましたし、この体験はこれからすごく生きてくると思っています」と振り返っている。

TANG タング」は、8月11日から全国公開。二宮、京本のコメント全文は以下の通り。

二宮和也

京本君は緊張していたんですか? 年の離れた事務所の先輩だと思うと余計に緊張が働くのかもですね。新鮮です(笑)。僕自身は後輩だというよりかは、ドラマや映画で出会う、若い俳優さんと同じように向き合っていました。その方が自然で話やすいと思っていたので…。同じ事務所の後輩という感じはほとんどなかったのですが、それが怖かったんですかね(笑)?。(これまで一緒に仕事をする)機会がなかったので、「TANG タング」で出会えて作品に感謝です。

■京本大我(SixTONES)

林原は作り込みが必要なキャラクターだったので、二宮君のお芝居がよりナチュラルだと実感しました。たった一言のセリフでも沢山の情報量があったり、表情ひとつに意味があったり…。セリフを一言、返されるだけでもずしっと重みを感じましたし、きちんと返さなくては、という思いと。林原の世界観を守りたいという思いの間で試行錯誤しながら演じていました。二宮君の作品をたくさん観てきたので、あの距離で二宮君と芝居をするのは、鳥肌が立つほどの緊張感がありました。この体験はこれからすごく生きてくると思っています。

共演シーンの場面写真 (C)2015 DI (C)2022映画「TANG」製作委員会


(出典 news.nicovideo.jp)

【京本大我、二宮和也との共演での感想を語る。】の続きを読む


SixTONES田中樹、日本のスゴ技”&“おしゃれマダム”捜索


田中 (たなか じゅり、1995年〈平成7年〉6月15日 - )は、日本のアイドル、俳優であり、男性アイドルグループ・SixTONESのメンバーである。本名同じ。 千葉県柏市出身、ジャニーズ事務所所属。 入所前の2007年、兄・田中聖の初主演作TBS系列ドラマ『特急田中
63キロバイト (8,698 語) - 2022年7月3日 (日) 20:06



 人気グループSixTONESの田中樹が、11日放送のTBS系月バラナイト枠の番組『エヂカラハンター』(深0:03)に出演する。

【画像】似てる?Kis-My-Ft2&SixTONESのアバター

 舞台は千葉。MCの霜降り明星(粗品、せいや)チーム野性爆弾(くっきー!、ロッシー)チームが「エヂカラ」の強い映像を撮影するべく“エヂカラハンター”としてロケへ。ゲストも前回(6月27日放送)に引き続き、霜降り明星チームに、田中、野性爆弾チームに、本番組が初の街ブラロケ参加となる竹内由恵が参戦。霜降りのムチャブリでボケまくる田中や、野性爆弾破天荒ロケに振り回される竹内の普段は見られない意外な一面が見どころとなる。

 今回は、「外国人が声を出して驚く日本のスゴ技」、「ファッションのプロが認めるご当地マダム」の2つのエヂカラミッションに挑戦。「外国人が声を出して驚く日本のスゴ技」では、街で外国人が驚きそうな「日本のスゴ技」を探して、より驚けるような映像を芸能人自らが撮影。その映像をさまざま国の外国人に見てもらい、実際に驚いて出た声の大きさをデシベル計で計測。より大きな声を出させたチームの勝利となる。

 「ファッションのプロが認めるご当地マダム」では、SNSで話題になるような“おしゃれなマダム”を撮影するべく、街の洋服屋さんやスナックなどさまざまな場所でマダムに接触。とんでもなくキャラの濃いマダムたちに翻弄される両チームは、最終的に3人ずつおしゃれマダムを選出し、よりおしゃれに見えるよう全力で撮影。審査員は『CanCam』や『AneCan』の専属モデルとして活躍した押切もえが務める。

 各チームメンバー自らがディレクターとして撮影を行い、よりオシャレに、より迫力のある“エヂカラの強い”映像にするため試行錯誤を重ね奮闘する姿に注目だ。

11日放送『エヂカラハンター』に出演するSixTONESの田中樹、霜降り明星、野性爆弾、竹内由恵 (C)TBS


(出典 news.nicovideo.jp)

【SixTONES田中樹、霜降り明星と“日本のスゴ技”&“おしゃれマダム”捜索 野性爆弾&竹内由恵と対決 | ニコニコニュース】の続きを読む


佐藤 勝利(さとう しょうり、1996年〈平成8年〉10月30日 - )は、日本の歌手、俳優、タレントであり、男性アイドルグループ・Sexy Zoneのメンバー。東京都出身。ジャニーズ事務所所属。 2010年10月30日、オーディションに合格。ジャニーズ事務所入りを果たした。 2011年9月29日、Sexy
32キロバイト (3,759 語) - 2022年7月4日 (月) 08:18



【元記事を音楽ナタリーで読む】

9月29日から10月13日まで東京・EX THEATER ROPPONG10月15日から18日まで大阪・森ノ宮ピロティホールで開催される朗読劇「ハロルドモード」に佐藤勝利Sexy Zone)が出演する。

【大きな画像をもっと見る】

ハロルドモード」は1971年アメリカで公開された映画をもとに、2020年9月に朗読劇として上演された作品。79歳のチャーミングな女性・モードを演じる黒柳徹子ライフワーク公演として定期的に上演されており、今回が3回目となる。黒柳と初共演を果たす佐藤は、モードに恋をする19歳の少年・ハロルド役を務める。そのほかに同公演には北乃きい、文学座の林田一高、近藤芳正常盤貴子が出演する。

佐藤は「ハロルドモード」出演にあたり「演劇は好きなのですが、演劇的なセットや動きがなく、声だけでその人物を表現する “朗読劇”は初めての挑戦です。自分にとって声だけでその人物を表現出来るということは、お芝居をする上である種の最終形のように思うので、大きな動きがない“朗読劇”という舞台は、新たな自分の表現を探す貴重なきっかけをいただけたと思います」とコメントしている。

G2(上演台本・演出) コメント

自分らしく生きる破天荒な79歳の女性・モード黒柳徹子)と、狂言自殺を繰り返す愛に飢えた19歳の少年・ハロルド(佐藤勝利)という、真逆の死生観を持つ二人。共通の趣味である“赤の他人のお葬式への参列”で、何度か顔を合わせたことにより仲が深まり、ハロルドは次第にパワフルな生き方のモードに惹かれていく。周囲の人々は二人の交際にひどく反対するが、おかまいなし。生きることの楽しさをモードから学んだハロルドは、モードの80歳の誕生日パーティーを開くのだが......。
徹子さんの「どうしても『ハロルドモード』をやりたい」という熱意に共感し、一昨年、朗読劇としての台本も私が新たに書きおろし「今までにない朗読劇を」のスローガンのもと上演しました。たくさんのお客さまに楽しんで頂きましたが、「朗読劇ではなく、普通の芝居を見ているようだった」という感想が圧倒的に多かったのが印象的でした。また私自身、徹子さんの演じたモードがあまりにもキュートすぎて完全に心を奪われてしまうという事件も起きました。
そして今年で早や3回目を迎え、徹子さんの「この作品をライフワークにする」という意気込みの本気度をひしひしと感じ受けとめています。今年も佐藤勝利くん常盤貴子さんなど本当に素敵な俳優さんに集まっていただきました。初志をしっかり貫きながらもより新鮮にを念頭に、今年もキュートな舞台装置、グラマラスな衣装、ハートフルな音楽、そして何よりも才能溢れる俳優たちの息の合ったやりとり、ちょっぴりブラックジョークの連発に大いに笑っていただき、そして最後は......。
人間や人生についてピュアに感じることができる舞台、生きている素晴らしさを実感できる時間をお過ごし頂けるはず。

黒柳徹子 コメント

今年もご好評につき、朗読劇「ハロルドモード」をやらせていただくことになりました。朗読劇は私にとって初めてと言っていい経験でしたが、皆さまの想像力をいっぱいにさせる、素晴らしいものだと知りました。装置がなくとも、動きがなくても、皆さまの想像力がそれをはるかに上回るとわかったのです。おもしろいお婆さんモードと、孤独で「人生死んだ方がまし」と考えている中で、モードに出会い心を許していく青年ハロルドとのラブストーリーです。
今回のハロルド役は、Sexy Zoneの佐藤勝利さんにお願いいたしました。共演者は、北乃きいさん、林田一高さん、近藤芳正さん、常盤貴子さんです。皆さんと共演できること、とても嬉しく、すごく楽しみにしています。
私が、「ハロルドモード」の舞台を最初に見たのは、1977年モードを演じたのは、フランスの名優ジャン=ルイ・バローの奥さんのマドレーヌ・ルノーでした。その後、文学座の先輩でもあった長岡輝子さんの舞台も見ましたが、笑いと涙が交錯してとっても印象的でした。その頃からモード演じてみたいと思っていました。是非、ご覧ください。お待ちしています。それでは、その時に!

佐藤勝利(Sexy Zone) コメント

演劇は好きなのですが、演劇的なセットや動きがなく、声だけでその人物を表現する“朗読劇”は初めての挑戦です。自分にとって声だけでその人物を表現出来るということは、お芝居をする上である種の最終形のように思うので、大きな動きがない“朗読劇”という舞台は、新たな自分の表現を探す貴重なきっかけをいただけたと思います。そして今回黒柳徹子さんとご一緒させていただけると伺い、小学生の頃に毎朝、担任の先生が黒柳さんの書かれた「窓ぎわのトットちゃん」を朗読してくれた記憶が鮮明に蘇ってきました。当時先生の声を聞き、トットちゃんがどんな子でどういう風景を見ていたのだろうか、といったことを想像し、素敵な生き方だなぁと思いました。作品自体が魅力的だったのは勿論、今思えば、朗読によって想像力を掻きたてられた初めての経験でした。
今でも僕の心に残っている、その朗読。
本作でも記憶に残るような朗読劇をお届け出来ればと思っています。

ハロルドとモード

2022年9月29日(木)~10月13日(木)東京都 EX THEATER ROPPONG
2022年10月15日(土)~10月18日(火)大阪府 森ノ宮ピロティホール

「ハロルドとモード」ビジュアル


(出典 news.nicovideo.jp)

【Sexy Zone佐藤勝利×黒柳徹子の朗読劇「ハロルドとモード」上演決定】の続きを読む

このページのトップヘ