【ジャニーズまとめサイト】 当ブログは主にジャニーズ・芸能情報まとめサイトとなります。

金田一少年の事件簿


なにわ男子の道枝駿佑が主演を務める日本テレビ系新日曜ドラマ金田一少年の事件簿File02「聖恋島殺人事件」が5月8日(日)22時30分から放送される。本ドラマ主題歌『The Answer』を歌うなにわ男子から、道枝にエールを送るスペシャルコメントが、日テレドラマ公式Youtubeで公開された。



いよいよスタートした「金田一少年の事件簿」は、1995 年の初放送から幅広い世代の支持を得てシリーズを積み重ねてきた、謎解きミステリードラマの金字塔。原作は、連載開始から今年で 30 周年を迎え、世界(12 か国)累計で 1 億部を超える発行部数を記録するなど、日本のみならず、世界市場で圧倒的な支持を集めている。およそ8 年ぶりとなる新シリーズは、日本ならではの呪いや怪談を題材にしたミステリーを現代の視点で再構築。シリーズ史上最大のスケールで贈る、これぞ“金田一少年”の決定版といえる内容となっている。



そしてこの度、明日の「金田一少年の事件簿File02「聖恋島殺人事件」の放送を前に、主題歌「The Answer」を歌うなにわ男子のスペシャルコメント動画日テレドラマ公式YouTube にて公開。主演・金田一 一を演じる道枝駿佑に向けて、メンバー全員から愛に溢れたエールや、File01「学園七不思議殺人事件」を見た感想や裏話など、ここでしか聞けないエピソードが盛り沢山の内容となっている。更に、ドラマオープニングタイトルバックで流れる主題歌「The Answer」についても、ドラマの世界観にぴったりだとコメント。明日よる 10時 30 分~放送の File02「聖恋島殺人事件」を前に、ドラマを更に楽しめるスペシャルコンテンツとなっている。

ドワンゴジェイピーnews


(出典 news.nicovideo.jp)

道枝 駿佑(みちえだ しゅんすけ、2002年〈平成14年〉7月25日 - )は、日本のアイドル、俳優。なにわ男子のメンバー。愛称は、みっちー。 大阪府出身。ジャニーズ事務所所属。 母親がSMAPの大ファンで、幼い頃からSMAPやHey! Say! JUMPの楽曲を聴いて育ち、自身もジャニーズが好き
30キロバイト (3,472 語) - 2022年5月5日 (木) 06:36



<このニュースへのネットの反応>

【道枝駿佑に愛溢れるエール!なにわ男子『金田一少年の事件簿』SPコメント公開】の続きを読む


 24日からスタートしたドラマ金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)のヒロイン演じる上白石萌歌に、シリーズファンから疑問の声が集まっている。

 1995年に制作された堂本剛主演のシリーズ第1作から始まり、今回が5作目となる本作。歴代の人気若手ジャニーズが演じてきた金田一一を、今作ではなにわ男子の道枝駿佑が務めている。

 ​>>『金田一少年』初代ヒロインともさかりえ、当時は堂本剛ファンから攻撃された? 2度の離婚を経た現在は<<​​​

 また、歴代ヒロインも、ともさかりえに始まり、鈴木杏、上野樹里川口春奈とその時々で注目を集めている若手女優が務めてきた。今回のヒロイン・上白石も、注目度・人気ともに歴代ヒロインに劣らないはずだが――。

 「実は上白石、第4作目の山田涼介版にも出演。しかも、連ドラ版第1話の犯人役で、シリーズファンの印象に大きく残っています。今回ヒロインを務めると発表された際のコメントで、上白石自身もかつて犯人役を務めていたことに触れているため、タブーにはなっていないようですが、不自然さを感じるファンが続出。ネットでは『ちょっと無理ある』『そうまでしてヒロインやらせたいってゴリ押しとしか思えない』『他にも若手女優なんてたくさんいるのに…』という声が集まっていました」(ドラマライター)

 また、年齢問題にも注目が集まっているという。

 「道枝は現在19歳ですが、上白石は22歳。さらに8年前に放送された山田版で女子高生を演じることができたほど大人っぽい顔つきのため、ネット上で『制服着てても女子高生には見えない』『お姉ちゃんと弟って感じ』『そもそも実年齢より上に見えるから余計合わない』という指摘が集まっています。上白石自身に問題があるわけではないものの、あえて上白石が抜擢されたことに疑問を感じている人が多くいるようです」(同)

 最終回までにそうした疑問の声を払拭することはできるのだろうか――。

上白石萌歌


(出典 news.nicovideo.jp)

上白石 萌歌(かみしらいし もか、2000年〈平成12年〉2月28日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、歌手、タレント。歌手活動時のアーティスト名はadieu(アデュー)。 鹿児島県鹿児島市出身。東宝芸能所属。所属レーベルはソニー・ミュージックレコーズ。第7回「東宝シンデレラ」オーディション
85キロバイト (10,742 語) - 2022年4月28日 (木) 13:40



<このニュースへのネットの反応>

【『金田一少年の事件簿』、ヒロイン・上白石萌歌に疑問集まるワケ 「不自然」の声】の続きを読む


 北海道・知床半島沖での海難事故を受け、日本テレビは27日、5月1日に予定していたドラマ金田一少年の事件簿』(毎週日曜 後10:30、主演:なにわ男子・道枝駿佑)第2話の放送を1週延期すると発表した。

【動画】『金田一』第1話“学園七不思議殺人事件”長編トレーラー

 放送予定だった第2話「聖恋島殺人事件」は、海に囲まれた孤島で起きた殺人事件が題材となっていた。5月1日は予定を変更し、『金田一少年の事件簿』第2シリーズから「悪魔組曲殺人事件」(主演:堂本剛1996年7月13日放送)を再編集して放送する。

 同局は「北海道・知床で発生した海難事故で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、行方不明の方が一日も早く救助されることを願っております」とした。

日本テレビが『金田一少年の事件簿』第2話放送延期を発表(C)ORICON NewS inc.


(出典 news.nicovideo.jp)

金田一少年の事件簿』(きんだいちしょうねんじけんぼ)は、天樹征丸(原案→原作)、金成陽三郎(原作、case2巻まで)、さとうふみや(作画)による日本漫画作品、及びこれを原作とする一連作品群総称。ミステリーを題材としている。略称は『金田一』。 『週刊少年
150キロバイト (23,537 語) - 2022年4月24日 (日) 01:05



<このニュースへのネットの反応>

【日テレ『金田一少年の事件簿』離島での殺人事件描く第2話放送を1週間延期 知床での海難事故を受け】の続きを読む


「金田一少年の事件簿」ドラマ初放送“聖恋島殺人事件”を2週連続で、ゲストも公開


いよいよ始まる金田一少年の事件簿 1996年7月13日放送。日本テレビや一部地方局のみで放送。 合体版!! 金田一少年のグッドラック 1996年8月放送。 金田一はじめ証言! 実はあれは○○だ?! 1996年9月放送。 これで見納め?! 金田一少年の事件簿 永久保存版 はじめちゃんが殺害された! 〜金田一はじめの葬儀実況中継
136キロバイト (16,713 語) - 2022年4月25日 (月) 02:56



【元記事をコミックナタリーで読む】

天樹征丸・金成陽三郎・さとうふみや原作によるドラマ金田一少年の事件簿」の第2話、第3話エピソードが「聖恋島殺人事件」に決定。併せてゲスト出演者が発表された。

【大きな画像をもっと見る】

本日4月24日に放送開始となったドラマ金田一少年の事件簿」。5月1日、8日の2週にわたり放送される「聖恋島殺人事件」の舞台となるのは、人間を不気味な声で惑わし、海に引きずり込んで食い殺すという怪物・セイレーンの声が響き渡る聖恋島。フィッシングツアーに参加することになり、聖恋島を訪れた道枝駿佑なにわ男子)演じる一、上白石萌歌演じる美雪、岩崎大昇美 少年 / ジャニーズJr.)演じる佐木、沢村一樹演じる剣持警部だったが、ツアー客の1人が謎の死を遂げ、別の医師も海の中に引きずりこまれるなど、彼らの周囲で次々と事件が引き起こされていく。なお「聖恋島殺人事件」がドラマ化されるのは今回が初めて。

ゲスト出演者には、「聖恋島フィッシングツアー」に参加する帝王大学病院の医師・影尾風彦役で佃典彦、潮小次郎役でコサカマサミ、寒野美火役で高橋ユウ、医療機器メーカーの営業・伊豆丸険役で小市慢太郎、鰐瀬たかし役で神尾佑、聖恋島の秘密を調べている雑誌記者・右竜あかね役で生田絵梨花が名を連ねた。さらにツアーガイド・凪田夏見役で吉谷彩子、聖恋島唯一の住人であるコテージ管理人・霧声昼子役で余貴美子が出演する。

ドラマ「金田一少年の事件簿」

2022年4月24日(日)22:00スタート

スタッフ

原作:天樹征丸、金成陽三郎
漫画:さとうふみや講談社
脚本:川邊優子/大石哲也
監督:木村ひさし
チーフプロデューサー:三上絵里子
プロデューサー:櫨山裕子、岩崎広樹、秋元孝之、大護彰子
制作協力:オフィスクレッシェンド
製作著作:日本テレビ

キャスト

道枝駿佑(なにわ男子)、上白石萌歌沢村一樹、岩崎大昇(美 少年 / ジャニーズJr.)

※岩崎大昇の「崎」は、立つ崎(たつさき)が正式表記。

上段左から余貴美子、吉谷彩子、生田絵梨花、小市慢太郎。下段左から高橋ユウ、神尾佑、佃典彦、コサカマサミ。


(出典 news.nicovideo.jp)

【「金田一少年の事件簿」ドラマ初放送“聖恋島殺人事件”を2週連続で、ゲストも公開 !!!】の続きを読む

このページのトップヘ