【ジャニーズまとめサイト】 当ブログは主にジャニーズ・芸能情報まとめサイトとなります。

#ナンバMG5


森本 慎太郎(もりもと しんたろう、1997年〈平成9年〉7月15日 - )は、日本の俳優、タレントであり、男性アイドルグループ・SixTONESのメンバーである 石川県金沢市生まれ、神奈川県横浜市出身。ジャニーズ事務所所属。 2006年、小学3年生の時にジャニー喜多川の目に留まりオーディション無し
44キロバイト (5,188 語) - 2022年6月30日 (木) 06:42



 俳優の間宮祥太朗が主演を務めるドラマナンバMG5』(フジテレビ系)の特別編が29日に放送され、エンディングではドラマNGシーンアウトテイクをオンエア。大丸役の森本慎太郎が、アドリブで伍代役の神尾楓珠の手を握る姿が紹介されると、ネット上には「かわいい」の声が相次いだ。

【写真】間宮祥太朗、神尾楓珠、森本慎太郎のクランクアップ3ショット

 剛(間宮)たち難破家の面々はサプライズで愛犬・松(豆三郎、声:津田健次郎)の誕生日パーティーを開こうと計画。家族が楽しそうに企画会議をしている間、仲間外れにされたと思いこんだ松は、家出をしてしまう。

 あてもなくさまよっていた松は、藤田深雪(森川葵)に出くわし、彼女が剛に手紙を書いていたことを知る。松はその手紙をくわえると、剛に渡すために走り出す…。

 ラストシーンでは、難破家で松の誕生日パーティが無事に開かれて大団円エンディングタイトルクレジットが終わると、主題歌にのせてこれまでのエピソードからNGシーンアウトテイクが流れるという展開に。

 最終回ラストシーンアウトテイクから、剛の学校復帰をおなじみのキャラクターたちが喜ぶ場面で、親友の大丸(森本)が弾ける笑顔で「最高だよ」とつぶやくと突然、伍代(神尾)の手を握りしめる。驚いた伍代が思わず「おい! やめろよ!」と返すと、大丸は笑顔で「いや、いいじゃん!」と応じるのだった。

 大丸と伍代の一連のやりとりが、森本によるアドリブから始まったことが明かされると、ネット上には「手を繋ぐアドリブ最高じゃん!」「最後に慎ちゃんと神尾くんの手繋ぎありがとうございます」などのコメントが寄せられ、さらに「伍代と大丸手繋いじゃってかわいい」「アドリブお手手つなぎかわいすぎんかー」「最高にかわいくて吹いた」といった投稿も続出していた。

ドラマ『ナンバMG5』特別編より (C)フジテレビ


(出典 news.nicovideo.jp)

【神尾楓珠、森本慎太郎の“〇〇〇”にネット興奮】の続きを読む


5月18日(水)に放送される「ナンバMG5」(毎週水曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)第5話に、小田将聖(少年忍者/ジャニーズJr.)が出演。主人公・難破剛(なんば・つよし/間宮祥太朗)の中学2年生の妹・吟子(ぎんこ/原菜乃華)の前に現れる、優等生の中学3年生を演じる。

【写真を見る】万引きしようとした旧友のあとをつける剛(間宮祥太朗)

小沢としおの「ナンバMG5」「ナンバデッドエンド」(秋田書店)(※)を映像化した同作は、筋金入りのヤンキー一家「難破家」の次男・剛(間宮)が、実は「ヤンキーをやめたい」「普通の高校生になりたい」と、家族に内緒で健全な高校に入学する高校“逆”デビュー物語。

■吟子と知り合い勉強を教えることに

小田が演じるのは、高浜一中3年生の佐藤淳一(さとうじゅんいち)。萬田中に通う吟子とは知り合いではなかったが、佐藤が吟子の後をつけていると勘違いした難破家の柴犬・松(豆三郎)がほえたことがきっかけで、二人は友人になっていく。1年先輩の佐藤が、吟子の勉強を教えることになるのだが、佐藤は「ヤンキーは最悪」だと語る――。

一方、難破家の皆も、最近の吟子の行動を怪しみはじめ、父の勝(まさる/宇梶剛士)は、勉強を教えてくれる友人がいるのであれば「家に連れてこい。さもなければ勉強禁止!」と命令。吟子は仕方なく佐藤を自宅に招待する。

■特技はアクロバット

小田は、小学生の時に映画で見たアクションに憧れ、2018年ジャニーズ事務所に入所。2019年より「少年忍者」のメンバーとして活動している。今まで、ドラマ「僕はどこから」(2020年テレビ東京ほか)、「文豪少年!~ジャニーズJr.で名作を読み解いた~」(2021年WOWOW)などに出演。小学1年生のときからアクロバット教室に通った小田の特技は、ロンダートバク転(体をひねりながらバク転)。

■小田将聖コメント

佐藤淳一役の小田将聖です! 今回出演が決まった時、喜びと焦りがありました。最初は純粋にうれしかったのですが、頑張らないといけない焦りから何も手がつかないぐらいでした。でも、そんなことを忘れさせてくれるくらい現場は楽しかったです! キャストの皆さん、スタッフの皆さんがとても優しくて面白く、現場から帰りたくないと思ったのが初めてなぐらいでした! 監督から楽しく演技の指導をいただいたり、みんなで本気で撮影に臨みましたので、皆さん絶対に見てください!


「ナンバMG5」第5話に出演する小田将聖/ (C)フジテレビ


(出典 news.nicovideo.jp)

ナンバMG5』(ナンバエムジーファイブ)は、小沢としおによる日本の不良漫画。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて2005年27号から2008年42号まで連載された。単行本は全18巻。 関連作品に、直接の続編となる『ナンバデッドエンド』がある。 2022年4月期に、フジテレビ系列にて間宮祥太朗主
86キロバイト (13,413 語) - 2022年5月11日 (水) 14:04



<このニュースへのネットの反応>

【<ナンバMG5>少年忍者・小田将聖が優等生役で出演!「現場から帰りたくないと初めて思った」】の続きを読む


モデルプレス=2022/05/05】4日、俳優の間宮祥太朗が主演を務めるフジテレビ系水10ドラマナンバMG5」(毎週水曜よる10時~)の第3話が放送された。同放送で活躍を見せたSixTONESの森本慎太郎の熱演が話題となっている。<※ネタバレあり>

【写真】風間俊介・森本慎太郎・井上瑞稀ら“涙の門出”に コメント到着

◆大丸(森本慎太郎)、本格参戦

今作は、不良漫画の天才・小沢としおの『ナンバMG5』&『ナンバデッドエンド』(秋田書店)を映像化。筋金入りのヤンキー一家「難破家」の次男・剛(間宮)が、実は「ヤンキーをやめたい」「普通の高校生になりたい」と、家族に内緒で健全な高校に入学するという高校“逆”デビュー物語。

千鳥商業の1年生・大丸大輔を演じる森本。第1、2話でも登場シーンはあったが、同話から本格的に物語の展開に関わるようになった。

その厳つい風貌で他を寄せつけない圧倒的な強さを見せる大丸。一方で、子どもケンカに巻き込んだヤンキーに対して一喝する藤田深雪(森川葵)に一目惚れして、すぐに告白してしまうなどお茶目な一面を見せた。

物語終盤には、剛がヤンキーだということを隠して高校生活を送っていることを問い詰めるなど大丸の真っ直ぐさが際立つシーンも。間宮と向き合い、熱量たっぷりに演じきった。

◆森本慎太郎の熱演に反響

ファンからは「やっと本格的に登場した」「待ってました!」「森本くんにぴったりすぎる役」とネット上に反響の声が続々。また「原作の中で最もジャニーズイメージから遠い大丸を演じていたのがSixTONESメンバーだったとは驚き」「ジャニーズの子が大丸の三枚目ぶりを見事に演じきっていた」「再現度高すぎ」などと原作のファンの間でも話題となっていた。

さらに、現在放送中の女優の広瀬アリスが主演を務めるカンテレフジテレビ系連続ドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?」(通称:恋マジ/毎週月曜よる10時~)で沼男子・柊磨を演じている松村北斗は、森本と同じSixTONESメンバー視聴者からは「柊磨くんと大丸、同じグループだったの!?」「俳優さんかと思ったら2人ともジャニーズアイドルだった」という声も一部で上がっている。

◆森本慎太郎、芸歴16年で幅広い役柄に挑戦

森本は、2006年、小学3年生の時にジャニー喜多川さんの目に留まりオーディション無しでジャニーズ事務所に入所。ジャニーズJr.としての活動直後から舞台「滝沢演舞城 2007」「DREAM BOYS」やドラマ「受験の神様」(日本テレビ系2007年)、「恋して悪魔〜ヴァンパイアボーイ〜」(フジテレビ系2009年)など活躍の場を広げた。

さらに、映画「スノープリンス 禁じられた恋のメロディ」(2009年)では映画初出演にして初主演を務め、可愛らしくも繊細な表情で観客を魅了。その後も主演ドラマ「私立バカレア高校」(日本テレビ系2012年)、「GTO」(関西テレビフジテレビ系2012年2013年)、「監察医 朝顔」(フジテレビ系2019年2020年2021年)への出演など幅広い役柄を好演し、俳優としての活躍が途切れない。

ナンバMG5」ではどのように物語に絡んでくるのか、今後の俳優・アーティストとしての活躍からも目が離せない。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

Not Sponsored 記事】



(出典 news.nicovideo.jp)

森本 慎太郎(もりもと しんたろう、1997年〈平成9年〉7月15日 - )は、日本の俳優、タレントであり、男性アイドルグループ・SixTONESのメンバーである 石川県金沢市生まれ、神奈川県横浜市出身。ジャニーズ事務所所属。 2006年、小学3年生の時にジャニー喜多川の目に留まりオーディション無し
44キロバイト (5,089 語) - 2022年4月17日 (日) 17:35



<このニュースへのネットの反応>

【「ナンバMG5」SixTONES森本慎太郎、原作ファンからも反響殺到「再現度高すぎ」 「あの大丸をジャニーズが…」】の続きを読む

このページのトップヘ