【ジャニーズまとめサイト】 当ブログは主にジャニーズ・芸能情報まとめサイトとなります。

#二宮和也


二宮和也、相葉雅紀とのプライベートエピソード明かす 共演者からツッコミ「ランチしにいってるの?」 | ニコニコニュース


二宮 和也(にのみや かずなり、1983年〈昭和58年〉6月17日 - )は、日本の男性タレント、アイドル、俳優、歌手、司会者、YouTuber。男性アイドルグループ・嵐のメンバーであり、YouTuberグループ・ジャにのちゃんねるのリーダー。愛称は「ニノ」。東京都葛飾区出身。ジャニーズ事務所所属。
59キロバイト (7,013 語) - 2022年8月2日 (火) 17:26



モデルプレス=2022/08/05】嵐の二宮和也が、4日放送のフジテレビ系バラエティー番組『VS魂』(毎週木曜よる7時~)に出演。相葉雅紀とのプライベートの交流を明かした。

【写真】二宮和也、結婚発表のタイミングが2019年11月だった理由

二宮和也相葉雅紀とプライベートで「テレビ電話」

この日、映画『TANG タング』チームとしてゲスト出演した二宮。MCの飯尾和樹が「(会うのは)2人久々ですか?」と二宮と相葉に問うと、相葉は「テレビ電話とかするよね」と明かした。

仕事の場ではどうなのかを問われると、二宮は「仕事っていうことでいうとたぶん久々」と話すと、相葉も「久々だよね」と同意したが、「家に来て昼間ご飯食べたりとかもあったし…」と二宮が相葉宅を訪問するなどプライベートでは交流をしていることも告白。

その仲の良さにアンタッチャブル山崎弘也は「なんで?ランチしにいってるの?」と驚愕し、スタジオからも驚きの声が上がったが、二宮は「そうそうそう」と当たり前のように頷き、「そういう感じだから、何カ月ぶりなのか全然わかんないの」と話して笑いを誘った。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

Not Sponsored 記事】



(出典 news.nicovideo.jp)

【二宮和也、相葉雅紀とのプライベート「ランチしにいってるの?」】の続きを読む



二宮 和也(にのみや かずなり、1983年〈昭和58年〉6月17日 - )は、日本の男性タレント、アイドル、俳優、歌手、司会者、YouTuber。男性アイドルグループ・嵐のメンバーであり、YouTuberグループ・ジャにのちゃんねるのリーダー。愛称は「ニノ」。東京都葛飾区出身。ジャニーズ事務所所属。
59キロバイト (7,013 語) - 2022年8月2日 (火) 17:26



モデルプレス=2022/08/09】嵐の二宮和也が8日放送のフジテレビ系バラエティ番組「ネプリーグ」(毎週月曜よる7時~)に出演。漢字クイズや観光地の国名クイズに挑戦し、博識ぶりを見せた。

【写真】二宮和也、大野智のため芸能人にサインもらう

二宮和也、博識ぶり披露

この日、同番組に12年ぶりに出演した二宮は、「初登場と同じ」と緊張。ネプチューン堀内健から「12年前どうだった?」と聞かれると、「J(松本潤)と(櫻井)翔ちゃんが頑張って、僕は可もなく不可もなくなんです」と嵐のメンバーで出演した12年前を振り返り、「頑張ります。(チームの)リーダーなんで」と自身が率いる映画「TANG タング」(11日公開)チームリーダーとして意気込みを語った。

二宮は、「世界の観光地はどこの国にあるか」クイズで、ウユニ塩湖は「ボリビア」、ラシュモア山は「アメリカ」、パルテノン神殿は「ギリシャ」とスラスラと解答。その博識ぶりにスタジオの共演者からは、「お?」「すごい」と歓声が上がった。
  
さらに、次の「空欄に生き物を入れて慣用句を完成させる」クイズでも、「狐につままれる」と「鳶に油揚げをさらわれる」を二宮が解答し、チームを全問正解に導いた。また、相手のチャンピオンチームからの「チャンピオンいます?」の煽りに対しても、「僕は世界で一番アルバムを売りました」と二宮がドヤ顔コメントし、クイズでもトークでもスタジオを盛り上げ、「TANG タング」チームが勝利した。

二宮和也、失態「耳がどんどん真っ赤に」

しかし、賞品をかけた最終問題。「健康状態を調べるのは?」の選択問題で、二宮は後輩・SixTONESの京本大我を「こっちじゃない?」と呼び、「人間ドック」「人間ドッグ」の2つから「人間ドッグ」を選んで1問目からいきなりの不正解。京本から「二宮くんの耳がどんどん真っ赤になっちゃってるんで」とツッコまれ、気恥ずかしそうに苦笑いした。
 
クイズで立て続けに正解を叩き出す二宮の博識ぶりや、最後の失態の赤面シーンSNS上でも話題に。「正解ばっかりですごかったのに最後可愛過ぎた」「バラエティー的には最後は大正解」「知識もオチも素晴らしかった」などと称賛の声が上がった。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

Not Sponsored 記事】



(出典 news.nicovideo.jp)

【二宮和也、博識ぶりに称賛集まるも失態】の続きを読む




相葉 雅紀(あいば まさき、1982年〈昭和57年〉12月24日 - )は、日本の男性タレント、司会者、俳優、歌手であり、男性アイドルグループ・嵐のメンバー。愛称は「相葉くん」「まーくん」「相葉ちゃん」 。千葉県千葉市花見川区出身、ジャニーズ事務所所属。 1999年に嵐のメンバーとして、CDデビューを果たした(当時の年齢は16歳)。
55キロバイト (7,350 語) - 2022年8月2日 (火) 05:24



代替テキスト
『ようこそ、ミナト先生』の取材会での相葉

「相葉さんをハワイのワイキキにある高級リゾートホテルで目撃しました。隣には奥さんらしき女性が。時折顔を合わせて、笑顔を浮かべるなど仲むつまじげな様子でしたね。同行者の方々もいて、和気あいあいと楽しそうでした」(ハワイを訪れていた旅行客)

現在、『VS魂グラデーション』(フジテレビ系)や『嗚呼!!みんなの動物園』(日本テレビ系)などバラエティ番組を中心に活躍中の相葉雅紀(39)。

7月3日まで12年ぶりとなる舞台『ようこそ、ミナト先生』に出演し、さらに7月13日には『2022 FNS歌謡祭 夏』(フジテレビ系)で司会も務めた。

一仕事終えた7月中旬、相葉はつかの間の休息を楽しんでいた。

「昨年9月に1学年上の一般女性・Aさんとの結婚を発表した相葉さんですが、ハワイにはハネムーンとして訪れていたといいます。

約10年に及ぶ交際期間中、2人で出歩くことはほとんどなく、家で料理を作って帰りを待つなどAさんは常に相葉さんの立場を理解して支えてきました。相葉さんはAさんへの感謝と、仕事を頑張った自分へのご褒美として今回ハワイへ。1週間ほど滞在していたそうです」(相葉の知人)

新婚旅行先のハワイは、嵐にとって大きな意味を持つ場所だ。

「’99年9月にホノルル沖で、クルーズ客船に乗って嵐のデビュー会見が開催されました。

“嵐”になるという出来事は彼の人生の重大事で、今月12日に公開された『三ツ矢サイダー』のCMメーキング映像でも、『印象に残っている夏の思い出は?』という質問に対し相葉さんは、『’99年9月のハワイの海!』とコメントしていました」(音楽関係者)

デビュー後も、相葉とハワイの縁は続いていく。

「’02年にはハワイで、ファンツアーを開催しました。直前に相葉さんは肺に穴があく病気・肺気胸を患い、ファンと交流するイベントには参加したものの、激しい動きを伴うライブパフォーマンスはできませんでした。当時、相葉さんは『すごい悔しいし、申し訳ない』と思ったそうです。

このリベンジを果たしたのが、’14年9月にハワイのコオリナで行われたデビュー15周年ライブ

このとき、見事なパフォーマンスを見せ、最後の挨拶で、『今回、取り返せてうれしい。僕にとって意味のあるハワイライブになりました』と言っていました。そんなハワイは相葉さんにとって多くの思い出が詰まった場所なのです」(前出・音楽関係者)

今回相葉は、嵐の聖地・ハワイでどのように過ごしたのだろうか。

「同行者と大自然の中で趣味のゴルフを満喫。Aさんとはワイキキのビーチに行ったといいます。嵐で体験したハワイでの思い出を話すこともあったのではないでしょうか」(前出・相葉の知人)

冒頭のハワイを訪れていた旅行客はさらにこう続ける。

「相葉さんが奥さんのことをとても気遣っているように見えました。小さな段差でも奥さんが転ばないように右手を奥さんの腰にあてがったり……。『相葉さんのイメージどおりやさしいな』と思っていると、奥さんの大きなおなかが目につきました。ゆったりとした服も着ていましたので妊娠しているのではないでしょうか」

そこで、本誌がおめでたについて相葉の所属事務所に問い合わせたところ、「妊娠は事実です」との回答がーー。

■「実家の関係性が理想の家族に近い」

第1子誕生に向けて相葉は、“先輩”にパパの覚悟を学んでいる最中だとテレビ局関係者は言う。

「親友の風間俊介さん(39)に妊娠中の奥さんへのケアや出産までの心構えなどを相談しているそうです。風間さん夫妻にはお子さんが1人いて、相葉さん夫妻と家族ぐるみの付き合い。相葉さんたちにとって心強い存在みたいですよ」

’21年3月に愛娘が生まれた二宮和也(39)に続き、嵐では2人目のパパとなる相葉。

WEBメディアシネマカフェ」が’15年4月に配信したインタビューで、理想の家族像を聞かれ、《僕の(実際の)家族》と答えている。

《親父と一緒に呑んだり、餃子を作ったり、一緒にご飯を食べに行ったり、すごく距離感が近くて、いまの家族の関係性が理想に近いですね》

そんな相葉は、どんな父親を目指すのだろうか。

「子供のときにバスケや野球の経験があり、今でもスポーツ好きの相葉さんは、『子供ができたらスポーツをさせたい』と考えているそうです。一緒に体を動かすことを夢見ているみたいで、そうすることで自然とコミュニケーションも生まれると考えているといいます」(前出・相葉の知人)

主演ドラマ『マイガール』(テレビ朝日系)で初めて父親役を演じた際に、「どんなお父さんになると思う?」という問いに対して、

《毎日子どもをヨシヨシしてそうな気がします。過保護にしないように気をつけないとなって。多分、甘いお父さんになっちゃうんだろうなぁ》(『オリ★スタ』’09年10月12日号)と語っていた相葉。

愛妻をハワイ旅行で常にフォローしていたように、優しいパパになるに違いないーー。



(出典 news.nicovideo.jp)

【相葉雅紀 妻が第一子妊娠】の続きを読む






二宮 和也(にのみや かずなり、1983年〈昭和58年〉6月17日 - )は、日本の男性タレント、アイドル、俳優、歌手、司会者、YouTuber。男性アイドルグループ・嵐のメンバーであり、YouTuberグループ・ジャにのちゃんねるのリーダー。愛称は「ニノ」。東京都葛飾区出身。ジャニーズ事務所所属。
59キロバイト (7,013 語) - 2022年8月2日 (火) 17:26



嵐・二宮和也Hey! Say! JUMP山田涼介Sexy Zone・菊池風磨が、7月31日YouTubeチャンネル「ジャにのちゃんねる」の動画を更新。二宮自身による解説で、「二宮和也 年表」を作成した。

【動画】二宮和也、ジュニア時代から振り返る濃密な年表を作成

■二宮、“母からの5000円に釣られて”オーディション

#148となった今回は「【遅延】更新遅れてごめんなさい」と題した動画で、二宮が過ごしたジャニーズ時代の出来事を中心に、年号やエピソードホワイトボードに書き込みつつ、当時を振り返った。

菊池に「どこでジャニーズを意識するんですか?」と聞かれた二宮は、幼少期はTVでも野球しか見ていなかったと話し「オーディションに行く時ですね」と回答。オーディションの際も、母親から「オーディションに行けば5000円をあげる」と言われ、「それに釣られて参加した」と明かした。

■出演する舞台のチケットを“手渡しで配った”と苦労を吐露

中1でオーディションに合格し事務所に所属。所属直後は、すぐに雑誌の取材を受け、Kinki Kidsバックとして『MUSIC STATION』(テレビ朝日系)に出演するなど、快調に歩み出すが、その後の1年間は、ひたすらオーディションを受け続けた日々だったことも吐露。

また、翌年にようやく決まった舞台『Stand by Me』でも、開演前に劇場の入り口でチケットを自分たちで配っていたことや、その年の冬に撮影したドラマ天城越え』(TBS系)の、修善寺での撮影が厳しい寒さのため過酷だったという苦労エピソードを語った。

■活動の原動力は茶封筒に押されていた自身の名前の“ハンコ

そんな中でも「原動力になった」として挙げたのがハンコの存在。初めて給料を手渡しでもらった時、茶封筒に名前がハンコで押されていたことに触れ「妙に嬉しかったんです、この時。あ、なんかもうそんなハンコがあるんだって。こっから多分私は頑張ったんです」と当時を振り返った。

さらに、事務所に入って3年目の正月には、別の職業を目指すため事務所からの退所を希望。ジャニー喜多川氏の了承を得ていたが、同年の9月に嵐でのデビューが決定。すでに事務所を辞める意向を示していた櫻井翔と共に、ジャニー喜多川氏の家に出向き、置き手紙をしようとしたことや、そこでグループ(嵐以外)の候補名について目撃したエピソードなどを披露した。

コメント欄には、「ニノの記憶力ハンパない」「細かいところまで話してくれるのが嬉しい」 「聞いたことのあるエピソードもニノの話術で飽きない」「ジュニア時代が3年とは思えない濃密さ」といった声が寄せられた。


Hey! Say! JUMP・二宮和也が自身の年表を作成


(出典 news.nicovideo.jp)

【嵐・二宮和也の記憶力がハンパないwwww】の続きを読む



二宮 和也(にのみや かずなり、1983年〈昭和58年〉6月17日 - )は、日本の男性タレント、アイドル、俳優、歌手、司会者、YouTuber。男性アイドルグループ・嵐のメンバーであり、YouTuberグループ・ジャにのちゃんねるのリーダー。愛称は「ニノ」。東京都葛飾区出身。ジャニーズ事務所所属。
58キロバイト (6,941 語) - 2022年7月25日 (月) 22:02



映画『TANG タング』(8月11日公開)の公開直前イベント26日に東京・日本大学理学部で行われ、二宮和也満島ひかり、三木孝浩監督が登場した。

同作はイギリスハートウォーミング小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』の映画化作。ゲーム三昧で妻に捨てられた、ダメ男・春日井健(二宮)はわけあって無職で人生に迷子中だが、ある日、家の庭に突然現れた記憶を無くした不良品ロボット・タングに出会う。迷子同士の運命の出会いは、ポンコツコンビの驚きにみちた壮大な冒険の幕開けとなる。

400名が集まったホールで試写が行われ、三木監督のみがトークをするはずだったが、サプライズで二宮、満島も登場し、学生たちは大盛り上がり。あらかじめ集めていた学生のお悩みに対し、登壇者陣が回答し、作中の「きっと大丈夫」というセリフを言うこととなった。

さまざまな悩みが集まる中、自分の進路を前に「自分の将来を決める上で大事なこと」を教えてほしいという学生には、3人が回答。三木監督は「こっちに行ったら間違っちゃうんじゃないかなと思って動けなくなることがあると思うんですけど、動けばどこかしら前進してて、また戻っても、そっちに行ったことはプラスになるし、動かないで何もしないことのほうがもったいない」とアドバイス。「動いていく先にやりたいことがこれだったと後から気づくことがあると思う」と優しく声をかける。

また二宮は「就職活動をしたことないけど、社会と置き換えるなら、学生時代がJr.の時代。その時代はみんな横並びで一生懸命頑張っていました。でも、デビューしてからその人たちを見たときに、横並びの人たちが縦に並んでいることに気づいて、自分がどこの何番目にいるのかわかるようになった」と振り返る。

その上で「自分のいやすい順番を確実に捉えていること。1番目でペースメーカーになりたいなら1番目に行く。でも2番目で人を見てついて行きたいんだったらついていく、ということ。学生時代には感じなかったですけど、デビューして社会に放り出された時に『あ、自分のいやすい場所はここなんだ』というのを見つけて、初めて自分の『じゃあここでできることは何なんだろう』とか『ここでやりたいことは何だろう』というのが自ずと見えて来た。皆さんも会社とかいろんなところに就職して初めて見えてくると思うんだけども、そこからでもおかしくないのかなと思うので」と回答。「入って順番がわかって、『あ、これじゃなかったんだ』思ったら辞めちゃって、次のステップの道に進んでもいいと思うので、そんなに気にせず時間が解決してくれるのかな」と語った。

満島は「私はもう21とか22とかそのくらいの時を考えると、記憶がないくらい毎日不思議な時間を過ごしてた気がして。いろんな不思議な大人たちと話して、いろんな友達との会話も不思議不思議な夜を超えることが将来につながるんじゃないかな」と表す。「迂回してみんなより遅くて良いからぐるぐる回って行きたいというタイプだったので、一見無駄に見える時間があとから奇跡みたいにいろんなことを起こしてくれる」と自身の経験を明かし、「大人になって初めて出会う職業の人もいて、子供の頃に知ってたらこの職業になりたかったかもと思うような職業の人、たくさん出会う。これと決めずに、目指してるところから外れているように見えても、外れてる職が世の中にあったりするので、いろんな人に尋ねて遠回りしてみてみるのもいいかなと。とにかくたくさんな不思議な夜と、朝と昼を過ごしてください」と答え、最後には3人で「きっと大丈夫」と声を揃えていた。

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

【二宮和也、“デビューして気づいたこと”語る】の続きを読む

このページのトップヘ