【ジャニーズまとめサイト】 当ブログは主にジャニーズ・芸能情報まとめサイトとなります。

#南沙良


椎名軽穂氏の人気漫画「君に届け」が南沙良主演、鈴鹿央士の共演で実写ドラマ化されることが決定。テレビ東京Netflixの共同制作作品となっており、2023年3月からNetflixで全世界独占配信を予定している。

原作は、2006年から2017年まで「別冊マーガレット」(集英社)で連載され、第32回講談社漫画賞(少女部門)を受賞。高校生リアルで甘酸っぱい恋愛模様が男女問わず支持を集め、アニメ化、実写映画化、ゲーム化など、さまざまなジャンルで人気を博してきた。

高校1年生の黒沼爽子は、長い黒髪と青白い肌から“貞子”というあだ名で呼ばれ、クラスから孤立していた。ひとりぼっち学校生活をおくるなか、噂を気にせずに爽子に話しかける男子生徒が現れる。明るい性格で男女問わず人気を集めるクラスの中心人物、風早翔太だ。彼だけは爽子がクラスメイトのために嫌な作業を引き受けていることを知っていた。風早と接することで他のクラスメイトとも徐々に打ち解けていく爽子。夢だった高校生活を過ごしていくなかで、風早に対しての気持ちにも変化が訪れる。

「幼な子われらに生まれ」で女優デビューを果たし、「この子は邪悪」では主演を務めている南は、長い黒髪と青白い肌のため周囲から“貞子”と呼ばれ、クラスメイトに馴染めずにいる黒沼爽子役に挑戦。「蜜蜂と遠雷」の天才ピアニスト役が評価され、映画やドラマに引っ張りだこの鈴鹿は、明るい性格で男女問わず好かれているクラスの人気者・風早翔太を演じる。

監督を務めるのは、新城毅彦と菊地健雄。新城監督は「あすなろ白書」や「イグアナの娘」など、大ヒットドラマを世に送り出し、「僕の初恋をキミに捧ぐ」「潔く柔く きよくやわく」といった少女漫画原作の恋愛映画を手掛けている。一方、菊地監督は「ディアーディアー」で長編デビュー。「ハローグッバイ」「望郷」の両作品で、第9回TAMA映画賞最優秀新進監督賞とおおさかシネマフェスティバル2018新人監督賞を受賞した実力派だ。

君に届け」は、23年3月にNetflixで全世界独占配信。南、鈴鹿、原作者の椎名氏、エグゼクティブ・プロデューサーの佐藤菜穂美氏(Netflix)、プロデューサーの松本拓氏(テレビ東京)のコメントは以下の通り。

【南沙良(黒沼爽子役)】

元々原作を読ませていただいていたので、お話を聞いたときは率直に驚きと嬉しさが同時に込み上げ何とも不思議な感じだったのを覚えています。気持ちが落ち着いてからは、映画化されていることもあって正直、少し不安もありました。

 子ちゃんを演じるにあたっては、原作を何度も読み返しながら、できる限り原作に忠実に臨みました。爽子ちゃんの真っ直ぐな想いに私自身も動かされることが何度もあったので、観ていただける方にも、爽子ちゃんの想いが届けば良いなと思っています。

この作品は、色んな形の優しさで溢れていて、当たり前にあるものの大切さを改めて実感できる作品になっていると思います。たくさんの方に、この作品の想いが届きますように。楽しみにしていただけたら嬉しいです。

【鈴鹿央士(風早翔太役)】

君に届け」の作品は実写映画版を観ていたので、この作品の出演が決まった時はどうやって自分なりにアプローチしていこうかなど、たくさん悩むこともありましたが、原作の持つ力が背中を押してくれることを信じて、真っ直ぐ突き進んでいこうと思いました。

風早くんを演じるにあたり彼の持つ“葛藤”や”空気感”を大切にしようと思いました。クランクインしてからすぐは、“爽やか”という言葉に囚われてしまいましたが、監督と相談をしながら演じていくうちに、徐々に”風早翔太“に馴染んでいった気がします。

また、クラスメイトの皆さんにはいつも親身に寄り添って支えてくれて、助けられながら撮影していた記憶があり感謝しています。

君に届け」は、たくさんの方の想いがこもった作品だと思います。その想いを大切にし、そしてドラマ版「君に届け」を最高の作品にするために全員で向き合った作品です!是非、宜しくお願い致します。

【椎名軽穂(原作)】

ドラマ化のお話をいただいて、南さんのやさしい雰囲気や、鈴鹿さんのあどけない笑顔を知って以来、きっとすてきなドラマになる!と、私もとても楽しみにしていました。まだ内緒にされている俳優さんたちもすてきな方々です。

原作や映画を応援してくれた読者の方も、君に届けを知らなかった方も、このドラマを一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです! よろしくお願いします!

【佐藤菜穂美(エグゼクティブ・プロデューサーNetflix)】

世界中のファンの方々に今なお愛されている「君に届けドラマ化の機会をいただき、大変光栄に思います。現在もまだ制作は続いていますが、原作がもつ普遍的な魅力、ストーリーリングの力強さを、実写ドラマという形を通して、今、伝えていく意義を、ただただ考え続けました。さまざまな出会いの季節、少しだけ背中を押してくれるような勇気と、想いが届くその喜びを、世界中のNetflixメンバーの皆さまにお届けできることを楽しみにしております。

【松本拓(プロデューサーテレビ東京)】

この度、南沙良さん、鈴鹿央士さんを迎え、「君に届け」を映像化させて頂くこと、大変嬉しく思います。

コロナ禍という大きな岐路に立たされ、人と人とのつながり、絆、愛情、そういったものがなかなか感じにくくなった今この世の中において、「君に届け」で描かれる青春群像劇は改めて多くの方の心に響くものがあると感じております。

何気ない日常の中に感じるささやかな幸せや人の温かみ、このドラマによってまた少し、「生きる」ということが豊かになっていくことを祈っております。ご期待ください。

テレビ東京とNetflixの共同制作作品


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【「君に届け」Netflixにて南沙良&鈴鹿央士で実写ドラマ化】の続きを読む



大西 流星(おおにし りゅうせい 2001年(平成13年)8月7日 - )は、日本のアイドル、俳優、タレント。なにわ男子のメンバー。 兵庫県神戸市出身。ジャニーズ事務所所属。 梅田芸術劇場で行われたSexy Zoneのコンサートを観て感動し、佐藤勝利に憧れオーディションを受ける。
28キロバイト (3,271 語) - 2022年9月8日 (木) 10:12



モデルプレス=2022/09/09】女優の南沙良が主演を務め、なにわ男子の大西流星が出演する映画『この子は邪悪』(公開中)より、本編映像と場面写真が新たに解禁された。

【写真】大西流星、藤原丈一郎に「説教された」 自身の“邪悪なところ”明かす

◆南沙良主演「この子は邪悪」

主人公・窪花(くぼ はな)役を演じたのは、『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』で数々の新人賞を受賞し、「ドラゴン桜」「鎌倉殿の13人」などで女優として注目を集める南。本作ではシリアスな役柄を繊細に演じている。また、主人公幼馴染・四井純(よつい じゅん)役を演じたのは、「初心 LOVE(うぶらぶ)」で念願のCDデビューを果たし、「鹿楓堂よついろ日和」「彼女、お借りします」などで俳優としても人気を誇る大西。本作では単独で初の映画出演となっている。

そして、主人公の母・窪繭子(くぼ まゆこ)役に、『コンフィデンスマン JP -ロマンス編-』「真犯人フラグ」などの桜井ユキ、主人公の父・窪司朗(くぼ しろう)役に、『極主夫道 ザ・シネマ』「マイファミリー」などの玉木宏が顔を揃え、演技派と実力派が脇を固めている。

監督・脚本を務めたのは、『ノイズ』「ネメシス」などで脚本を手掛け、「さよなら、ムッシュ」で小説も執筆し、本作が長編監督3本目となる新鋭・片岡翔。さらに、主題歌を書き下ろしたのは、結成10周年を迎えて改名を発表した、独自のポップメロディを奏でる4人組バンドゲスの極み乙女。

世界三大ファンタスティック映画祭の一つ、第42回ポルト国際映画祭のファンタジー部門にて審査員スペシャルメンションを獲得した、予想外ストーリー想定外ラストが待ち受ける、世にも奇妙な謎解きサスペンスが遂に公開された。

◆「この子は邪悪」本編映像&場面写真が初解禁

植物状態から5年ぶりに目を覚ました母・繭子に対し、「あの人はお母さんじゃない」と疑っていた花は、繭子の目元にあるはずのホクロが本物ではない事を純に話すが、純は「ホクロなんて、整形で無くなったんじゃないの?」と冷たく言い放つ。いつもと違う純に戸惑う花は「でも様子がおかしかったの。目が、変な動きをして…」と繭子の様子を話すと、「まだ体調が万全じゃないんだよ。精神的に不安定なのかもしれないし」と純にあっさり否定される。

不安に駆られた花は「なんで?お母さんを怪しんでたのは純でしょ?退院する前に見たんでしょ?」と聞くと、「あれ、やっぱり見間違いだったよ。よく考えたら花のお父さんがそんなことするはずないし。あんなに愛情深いお父さんがいて、花は幸せ者だよ。僕のお母さん、昔、花のお父さんの診療を受けてたんだ。治療の為に頑張ってくれてたんだよね」と純は話をすり替えて帰ろうとする。その時、純のリュックについている鈴の音が聴こえる。純は「貰ったんだ、お父さんに。いいでしょ」と嬉しそうに言うが、花はそれを茫然と見つめるしかなかった。

別人のような母、催眠をかける父、死亡したはずの妹、そして心を通わせたはずの純もおかしい?邪悪な“この子”とは一体誰なのか?(modelpress編集部)

Not Sponsored 記事】

(左から)大西流星、南沙良(C)2022「この子は邪悪」製作委員会


(出典 news.nicovideo.jp)

【 南沙良、大西流星と見つめ合う「この子は邪悪」】の続きを読む



大西 流星(おおにし りゅうせい 2001年(平成13年)8月7日 - )は、日本のアイドル、俳優、タレント。なにわ男子のメンバー。 兵庫県神戸市出身。ジャニーズ事務所所属。 梅田芸術劇場で行われたSexy Zoneのコンサートを観て感動し、佐藤勝利に憧れオーディションを受ける。
28キロバイト (3,272 語) - 2022年7月16日 (土) 08:10



モデルプレス=2022/07/25】女優の南沙良となにわ男子の大西流星が25日、都内で行われた映画『この子は邪悪』(9月1日公開)完成披露試写会に、共演の桜井ユキ、玉木宏メガホンをとった片岡翔監督とともに出席した。

【写真】大西流星、2時間かけて登校していた学生時代 母親に感謝の思い語る

◆大西流星、南沙良の目薬のさし方を真似

今作で初共演でありながら、幼馴染役を演じた2人。MCから共演についてどうだったかと聞かれると、南は大西に「どうでしたか?」と質問。大西が「質問返し(笑)」と返すと、南は「現場であんまりお話しする時間がなかった」と回顧。そこで大西は「でも、ひとつだけしかエピソードがないんですけど、そのひとつだけのエピソードいいですか?」と切り出した。

大西曰く、現場で南から“目薬のさし方”を教わったようで、「普通って上向いてさすじゃないですか。そうじゃなくて、南さんは真っ直ぐ(前を見て)さしていて。その時の自分にはめちゃくちゃ衝撃を受けて、かっこいいな!と思ってやり方を教えてもらった」と独特なさし方に驚き、日常でも真似していたという。すると「メンバーの前でやったら、『流星、何それ!?俺にも教えてや!』ってメンバーがたかってきて、一躍有名になりました」とメンバーの間で盛り上がったことを明かした。

これを聞いていた玉木が「それは間違っている」と冷静に指摘すると、会場からは笑いが。南は「眼球にさしている。衛生的には良くない」というが、「メイクが崩れない」と女優ならではの見解。これには桜井も共感した様子で頷いていた。

◆南沙良主演「この子は邪悪」

今作は、『嘘を愛する女』『哀愁しんでれら』など、クオリティが高い作品を輩出してきたオリジナル作品の企画コンテストTSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2017の準グランプリ作品を映画化。世界三大ファンタスティック映画祭の一つ、第42回ポルト国際映画祭のファンタジー部門にて審査員スペシャルメンションを獲得した、みんなおかしい世にも奇妙な家族の話である。

心に傷を負った主人公・窪花役を演じた南は「脚本の想像がつかなくて、ワクワクしながらページをめくっていた。家族で交通事故にあって自分だけ助かったという役だったので、繊細な部分を表現できたらいいなと思った」とコメント。花の幼馴染・四井純役の大西は「単独で映画に出演するのが初めてで、初めての映画がこんなにすごい世界観の映画なんだという衝撃でした。そして初めてふれあったような作品だったので、そんな作品に携われて嬉しかったです」と振り返った。花の母で植物状態から目覚めた窪繭子役を桜井、花父で心理療法室を営む窪司朗役を玉木がそれぞれ演じる。(modelpress編集部)

Not Sponsored 記事】

南沙良の目薬のさし方を真似して一躍有名になった大西流星(C)モデルプレス


(出典 news.nicovideo.jp)

【南沙良の目薬のさし方を大西流星が真似た結果www】の続きを読む



大西 流星(おおにし りゅうせい 2001年(平成13年)8月7日 - )は、日本のアイドル、俳優、タレント。なにわ男子のメンバー。 兵庫県神戸市出身。ジャニーズ事務所所属。 梅田芸術劇場で行われたSexy Zoneのコンサートを観て感動し、佐藤勝利に憧れオーディションを受ける。
28キロバイト (3,272 語) - 2022年7月2日 (土) 23:09



南沙良が主演し、大西流星(なにわ男子)、桜井ユキ、玉木宏と共演する映画「この子は邪悪」の本ビジュアルと本予告(https://youtu.be/ojpSpXfJgbw)が、このほど披露された。あわせて、バンド「ゲスの極み乙女」が主題歌を担当することが決定。書き下ろし楽曲「悪夢のおまけ」を提供している。

【フォトギャラリー】予想外のストーリー×想定外のラスト!「この子は邪悪」場面写真

TSUTAYA CRETORS' PROGRAM FILM 2017」の準グランプリ作品の映画化。監督は「ノイズ」「町田くんの世界」や、「線は、僕を描く」(10月21日公開)の脚本を担当した片岡翔。世界三大ファンタスティック映画祭の一つ、第42回ポルト国際映画祭のファンタジー部門にて審査員スペシャルメンションを獲得している。

心理療法室を営む窪司朗の娘である花(南)は、かつて一家で交通事故に遭い、司朗は脚に障害が残り、母は植物状態に、妹は顔に火傷を負った。その事故で心に傷を負った花のもとに、自身の母の心神喪失の原因を探る少年・四井純(大西)が訪れる。花は純と次第に心を通わせていくが、ある日突然、司朗が5年間の植物状態から目を覚ました母を連れて家に帰ってくる。司朗は「奇跡が起きた」と久しぶりの家族団らんを喜ぶが、花は「この人、お母さんじゃない――」と違和感を覚える。

本予告は、父・司朗(玉木)が、植物状態から目を覚ました母・繭子(桜井)を連れて帰って来るところから"違和感"が生じていく。嬉しそうな家族の雰囲気に馴染めない花は「お母さんが帰ってきた時、何か違和感があったの」と純に打ち明ける。すると、純は繭子について「あの人、お母さんのふりをしているんじゃない?」と話し、心理療法士の司朗に対しても「退行催眠について調べたんだ。洗脳みたいな事も出来るんじゃないの?」と指摘。さらに、顔に火傷を負ったマスク姿の妹・月に関して「事故の後、月ちゃんの顔をしっかりと見た事ある?」と花に問い質す。母は別人であり、父が催眠を行い、妹は死亡している……? 予想外ストーリー想定外ラストを期待させる内容となっている。

「ゲスの極み乙女」のボーカル&ギター川谷絵音は、主題歌「悪夢のおまけ」についてコメント。「ゲスの極み乙女では『泣きながら踊る』をテーマに曲を書いてきましたが、今回は『壊れながら踊る』が根本にあります。それは映画を見ればわかります。『どちらも正しくないとしたら壊すしかなくなる』。歌詞の一節。新しい『ゲスの極み乙女』と『この子は邪悪』、期待してください」と語っている。

この子は邪悪」は、9月1日から新宿バルト9ほか全国公開。

本ビジュアル (C)2022「この子は邪悪」製作委員会


(出典 news.nicovideo.jp)

【南沙良×大西流星「この子は邪悪」本予告完成! 主題歌はゲスの極み乙女「悪夢のおまけ」】の続きを読む

このページのトップヘ