岩本 (いわもと ひかる、1993年〈平成5年〉5月17日 - )は、日本の俳優であり、男性アイドルグループ・Snow Manのメンバーおよびリーダーである。 埼玉県出身。ジャニーズ事務所所属。初期は「岩本ひかる」名義で活動していた。 6歳からダンスを習い始め、小学3年生の頃には大人と同じクラスで
27キロバイト (3,043 語) - 2022年5月28日 (土) 21:11



「月刊デザート」にて連載中の玉島ノンの同名コミックを、主演にSnow Manの岩本照、ヒロインに生見愛瑠を迎えて実写映画化した『モエカレはオレンジ色』(7月8日公開)。本作の公開に先駆けた「公開直前“消防訓練サプライズイベント」が29日、東京都品川区にある青稜高等学校にて開催。岩本と生見、鈴木仁、浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)、古川雄大が消防訓練のためにグラウンドに集まった生徒たちの前にサプライズで登場した。

【写真を見る】Snow Man岩本照が消防士姿で放水!本物の消防士からも「完璧でした」と太鼓判

消防訓練の名目でグラウンドに集められた1年生120人の前に、MCの呼びかけで登場したのは一台の消防車。その後部座席から消防士姿の岩本、鈴木、浮所、古川の4名が姿を見せると会場に集まった生徒たちは大盛り上がり。さらに生見が劇中衣装の制服姿で加わると、グラウンド全体が歓声と拍手に包まれた。この日の会場付近の気温は34度を超える真夏日。岩本は集まった生徒たちに向けて「暑いのでこまめに水分補給をして、今日は楽しんでください」と優しく呼びかける。

そしてイベント開始と共に行われたのは、消火器を使った訓練。もはや本物の消防士と見紛うほどの機敏な動きを見せる岩本は、荏原消防署の職員立会いのもとで生徒へ消火器の使用方法をレクチャー。立候補した生徒が岩本のサポートを受けながら実際に消化器から放水を行ない的を狙う訓練を成功させると、見ている生徒たちは大喝采。イベント前に消火器のレクチャーを受けたという岩本は「実際にレクチャーをしっかり受けるのは初めてだったので貴重な経験でした」と語り、荏原消防署の職員からも「完璧でした」と賛辞を送られていた。

劇中で消防士役を演じるにあたり、本物の消防士と共にトレーニングに励んだ岩本は「トレーニングの途中でも要請があったらみなさん現場に駆けつける。本当に大変な職種だと肌で感じました」とその過酷さを振り返る。一方、撮影で消防訓練シーンに臨んだ生見は「ロープ降下で私は支えてもらっているだけでしたが、岩本さんは何度もやっていてすごいと思いました」と語り、岩本は「何度もやらせていただけることのない経験だったので、その都度消防士の方に指示いただきながら行っていました」と撮影の裏話を明かす。

また同じく消防士役に挑んだ浮所は「本物の消防士の方たちはすごい筋肉でガタイが良くてカッコよかった。僕はまだまだひょろひょろだったので、この映画のために筋トレをしました。少しは照くんの体に近付けられたのではないかと思います」と語り、撮影前にパンプアップのやり方を岩本から教えてもらいキュンキュンしたことを告白。すると岩本は「真面目にやっていたので、筋肉も喜んでいると思いますよ」と浮所の努力を労った。

そして本作の見どころを聞かれた生見は「消防士の方のかっこよさが伝わる作品。キュンキュンしてほしいシーンもいっぱいあるので、是非大切だと思う人と一緒に観てほしいです」とアピール。続いて岩本も「消防士のかっこいい姿、誰かのためにがんばる純粋さ、ピュアな心をキュンキュンできるところがたくさん詰まった作品。今年の夏はみんなで『モエカレ』を楽しんでほしいと思います!」と熱いメッセージを送っていた。

文/久保田 和馬


超シャイで真面目な消防士の蛯原を演じた岩本照/[c]2022「モエカレはオレンジ色」製作委員会 [c]玉島ノン/講談社


(出典 news.nicovideo.jp)

【Snow Man岩本照、浮所飛貴のトレーニングに「筋肉も喜んでいる」】の続きを読む