【ジャニーズまとめサイト】 当ブログは主にジャニーズ・芸能情報まとめサイトとなります。

#最後の錬成


山田 涼介(やまだ りょうすけ、1993年5月9日 - )は日本の歌手、俳優、タレント。男性アイドルグループ・Hey! Say! JUMPのメンバー。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。 小学生の時からサッカーを始め、プロのサッカー選手を目指してプロサッカー(Jリーグ)チームである湘南ベルマーレの
34キロバイト (3,951 語) - 2022年6月11日 (土) 15:27



 今週24日に劇場公開される映画『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』の前に、二部作の前編『復讐者スカー』を復習できるダイジェスト映像が解禁となった。

【動画】5分でわかる『復讐者スカー』ダイジェスト映像

掲載した写真は、『復讐者スカー』のラストシーンの撮影前、グリーンバックスタジオ山田涼介Hey! Say! JUMP)と本郷奏多が打ち合わせをしているオフショットだ。

 ダイジェスト映像では、ストーリーの核となるエド(山田)とアルの前に立ちはだかる国家錬金術師に復讐心を抱く “傷の男”スカー(新田真剣佑)との壮絶なバトルシーンや、スカーの復讐の裏に隠された真実、そして『最後の錬成』へと続く前作から登場している嫉妬のホムンクルスエンヴィー(本郷)が巨大化するシーンなどを見ることができる。

 国家錬金術師に復讐心を抱くスカーだが、 “イシュヴァール殲滅戦”によって国家錬金術師に敬愛する兄と故郷のすべてを奪われた内乱の被害者でもあった。そんなスカーと、エルリック兄弟の幼なじみであるウィンリィ(本田翼)には因縁があったことが判明。戦地でイシュヴァール人を治療し続けていたウィンリィの両親が、スカーによって殺されたことが明らかに。

 そんな中、負傷したスカーと対峙したウィンリィは、亡き両親の仇を討つためにスカーを殺めようとするが、両親と同様にスカーの傷の手当てをし、スカーは全てのアメストリス人が悪いわけではないと改心。エルリック兄弟たちを守ろうとするのだった――。そして、『復讐者スカー』の終盤に描かれる、エンヴィー巨大化し、エドとリン・ヤオ(渡邊圭祐)の前に立ちはだかる衝撃のシーンも…!

 謎の存在であったホムンクルスは何のために生まれたのか、そしてホムンクルスたちの生みの親“お父様”とはいったい何者なのか、エルリック兄弟が歩んできた長い旅路の結末が徐々に明かされていく。

 エドたちが最後の敵であるお父様との決戦に挑む『最後の錬成』。入場者特典は、『復讐者スカー』に引き続き二週連続原作者・荒川氏描き下ろしのスペシャルイラストカード。第1弾が24日~26日、第2弾は7月1日~3日、それぞれ先着限定で配布。いずれも先着限定で配布。

『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』(公開中)のオフショット(C)2022 荒川弘/SQUARE ENIX(C)2022 映画「鋼の錬金術師2&3」製作委員会


(出典 news.nicovideo.jp)

【5分でわかる !!! 『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』につながる『復讐者スカー』】の続きを読む


実写映画「鋼の錬金術師」の完結編2部作の後編「鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成」の予告編が、このほど公開。あわせて主人公エドワード・エルリック役の山田涼介と、エドの父ヴァン・ホーエンハイムホムンクルスの生みの親“お父様”を一人二役で演じた内野聖陽が撮影を振り返るコメントも披露された。

月刊少年ガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で2001年から連載され、全世界シリーズ累計発行部数8000万部を記録したダークファンタジー漫画「鋼の錬金術師」。錬金術が存在する世界を舞台に、死んだ母をよみがえらせるため、禁忌とされる人体錬成を行ったエドとアルのエルリック兄弟が、代償として失った体を取り戻すため、幻の術法増幅器「賢者の石」を探す冒険を描いた。

そして連載開始20周年新プロジェクトとして、17年の実写映画「鋼の錬金術師」に続く、原作の最終話までを描き切る完結編の前編「鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー」(公開中)、後編「鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成」(6月24日公開)が製作された。「復讐者スカー」ではエルリック兄弟と、凄腕の国家錬金術師を抹殺する“傷の男”スカーとの死闘、過去に繰り広げられた凄惨なイシュヴァ―ル殲滅戦での軍部の過ちなどが描かれた。「最後の錬成」では、国中の人々の魂と引きかえに“完全な存在”になること目論む最後の敵“お父様”との国家を揺るがす最終決戦が繰り広げられる。

山田をはじめ、本田翼ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子佐藤隆太本郷奏多ら前作キャストが続投するほか、新田真剣佑、黒島結菜、渡邊圭祐、山本耕史栗山千明山田裕貴舘ひろし、内野らが参戦。曽利文彦監督が、前作に続き再びメガホンをとった。

「復讐者スカー」本編後に上映されている予告編は、「色欲(ラスト)、強欲(グリード)、怠惰(スロウス)、暴食(グラトニー)、嫉妬(エンヴィー)、憤怒(ラース)、傲慢(プライド)。7つの感情をホムンクルスとして切り離して、ますます人間から遠ざかっているぞ」という、ホーエンハイムのセリフで始まる。不気味にもホーエンハイムに瓜ふたつの“お父様”は、「私は人間になりたいわけではない。完全な存在になりたいのだ」と表情もなく言い放つ。さらに、真理の扉の前に佇む、肉体の全てを失ったアル(水石亜飛夢)の本来の姿も活写。最後の戦いに身を投じるキャラクターそれぞれの結末、エルリック兄弟の旅の行方が気になる映像となった。

劇中で親子を演じている山田と内野。山田は、「髭などのビジュアル面で、どのように内野さんがホーエンハイムになっていくのか、ワクワク感がありました。現場でお会いした時には、原作から飛び出てきたんですかというビジュアルでした」と語る。一方、内野は「この父と子の関係性は少し特殊で、情けないというか抜けたところがあるので、新鮮な感覚でした」といい、山田について、「山田さんの魅力がすごく出ている、格好良いエドの印象がありました。今回ご一緒して(演技が)自由自在なんですよ。そこがとても頼りがいがありました」と、絶大な信頼を垣間見せる。

撮影現場では、内野が山田の緊張を解いた場面もあったという。「エドが父に暴言を吐くシーンがあったのですが、内野さんから『もっと来ていいよ』と言っていただいたので、遠慮なく演技できました。すごくありがたかったです」(山田)、「山田さんの(元々ある)礼儀正しさを抜いてほしくて、伝えました」(内野)と、互いをリスペクトしながら、演技を重ねていった。

「最後の錬成」で山田は、エドと青年時代のホーエンハイムを演じ分けた。山田は「ホーエンハイムの青年時代を演じたときに、喋りのテンポは内野さんを参考にしました。また、内野さんのほくろの位置も参考に描かせて頂きました(笑)」と述懐。内野は、「私の若い頃がこんなに色っぽくていいのかというくらい、魅力的でした」と賛辞をおくった。

前編「鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー」は公開中。後編「鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成」は6月24日に公開。

山田涼介&内野聖陽、親子役での共演を振り返る (C)2022 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2022 映画「鋼の錬金術師2&3」製作委員会


(出典 news.nicovideo.jp)

山田 涼介(やまだ りょうすけ、1993年5月9日 - )は日本の歌手、俳優、タレント。男性アイドルグループ・Hey! Say! JUMPのメンバー。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。 小学生の時からサッカーを始め、プロのサッカー選手を目指してプロサッカー(Jリーグ)チームである湘南ベルマーレの
34キロバイト (3,947 語) - 2022年5月31日 (火) 06:44



<このニュースへのネットの反応>

【「鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成」予告編 内野聖陽、山田涼介の演技は「自由自在」】の続きを読む

このページのトップヘ