【ジャニーズまとめサイト】 当ブログは主にジャニーズ・芸能情報まとめサイトとなります。

#松村北斗






京本 大我(きょうもと たいが、1994年〈平成6年〉12月3日 - )は、日本のアイドル、ミュージカル俳優であり、男性アイドルグループ・SixTONESのメンバーである。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。 2006年5月、ジャニー喜多川のスカウトによりジャニーズ事務所にレッスン生として入所する。同年、ジャニーズJr
53キロバイト (6,462 語) - 2022年7月29日 (金) 15:33



 8月11日から公開される二宮和也主演の映画『TANG タング』の新たな場面写真が到着した。

 イギリスの小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』をもとにした同作は、ゲーム三昧で妻に捨てられた無職の春日井健が、記憶をなくした迷子のロボット“タング”を直す旅に出る姿を描く作品。京本大我(SixTONES)が、アンドロイド製造の大手企業アトビットシステムズ社の社員・林原信二役を演じている。

 単独での映画本格出演は初となる京本。AIやロボットについては博学だが、超がつくほどのナルシストロボットデザイナーという役どころで、撮影前から独特な決めポーズやしぐさを何パターンも研究したという。今回公開された新場面写真は、京本扮する林原が肘を付いて指先を口元に添えるシーンが切り取られている。

◎映画情報
TANG タング』
2022年8月11日(木・祝)から公開
監督:三木孝浩
脚本:金子ありさ
原作:デボラインストール作、松原葉子訳『ロボット・イン・ザ・ガーデン』
出演:
二宮和也
満島ひかり
市川実日子
小手伸也
奈緒
京本大我(SixTONES
山内健司(かまいたち
濱家隆一(かまいたち
野間口徹
利重剛
景井ひな
武田鉄矢
配給:ワーナー・ブラザース映画

(C)2015 DI (C)2022映画「TANG」製作委員会

SixTONES京本大我、努力が結晶した「超ナルシスト」な『TANG タング』場面写真


(出典 news.nicovideo.jp)

【 SixTONES京本大我、「超ナルシスト」な場面写真】の続きを読む



京本 大我(きょうもと たいが、1994年〈平成6年〉12月3日 - )は、日本のアイドル、ミュージカル俳優であり、男性アイドルグループ・SixTONESのメンバーである。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。 2006年5月、ジャニー喜多川のスカウトによりジャニーズ事務所にレッスン生として入所する。同年、ジャニーズJr
53キロバイト (6,462 語) - 2022年7月16日 (土) 01:50



 SixTONESの京本大我が、8月3日発売の女性グラビア誌「anan」2310号で自身初となる同誌ソロ表紙を飾る。アンニュイアダルトフェミニン、艶めき、危険な切なさなど、圧倒的な美の洪水で魅了する。

【写真】制作発表記者会見に出席したSixTONES・京本大我

 8月2日に開幕するオリジナルミュージカル『流星の音色』では主演を務め、SixTONESとして、アーティストとして多彩な活躍を見せる京本。今回の特集は今の状況下のライブエンタメの最前線をクローズアップする「熱狂の現場2022」。日々変わる状況の中、模索しつつ歩んでいるライブエンタメ界で表現者として熱い熱を持って前に進んでいく京本の真摯な想いの詰まったインタビューグラビアは必見だ。

 今回の撮影テーマは“恋わずらいの一夜”。頭の先から指先まで、全てが美しい京本の5つの“美”を用いて表現される。シルクパジャマを纏いベッドでまどろむ姿やフェミニンなブラウスで屋上にて空を仰ぐ姿など中性的な魅力が漂うアンニュイな表情から一転、ブラックスーツスタイルアダルトな美しさを表現。さらにシャワールームに場所を移し、頭の先から上体まで“びしょ濡れ”状態での撮影では、髪の毛やシャツに滴る水滴が、切なさを一層掻き立てる。最後は、オーバーサイズノースリーブポップな美しさを披露。カラフルスタイリングに、アクセサリーの重ねづけという新鮮なスタイリングを、ファッショナブルに着こなした。

 インタビューでは熱狂させるステージパフォーマンスを届けるために意識していることから様々なエンターテイメント作品への愛情も直撃。京本が考えるSixTONESの絆や関係性についても明かす。撮影後には「ananの表紙は、限られた人が飾れる特別なステージ。今までグループでは飾らせてもらったことがありますが、今回ソロ表紙のバトンを繋げられて嬉しいです。撮影自体はリラックスした状態で楽しみながら臨めて、素の自分を出せたと思います」と語っている。

 SixTONES・京本大我が表紙を務める「anan」2310号はマガジンハウスより8月3日発売。

SixTONES・京本大我が表紙を飾る「anan」2310号 (C)マガジンハウス


(出典 news.nicovideo.jp)

【SixTONES・京本大我、初の「anan」ソロ表紙 “恋わずらう一夜”を表現】の続きを読む




堂本 光一(どうもと こういち、1979年〈昭和54年〉1月1日 - )は、日本のアイドル、歌手、俳優、タレントであり、アイドルデュオ・KinKi Kidsのメンバー。本名同じ。 兵庫県芦屋市出身。ジャニーズ事務所所属。身長168cm。血液型はB型。 相方の堂本剛と同姓だが、血縁関係はない。 ※ソロ活動を中心に記載。KinKi
182キロバイト (19,464 語) - 2022年6月23日 (木) 15:32



モデルプレス=2022/07/26】KinKi Kids堂本光一が、25日放送のレギュラーラジオ番組「KinKi Kidsどんなもんヤ!」(文化放送/毎週月曜24時5分~)に出演。SixTONESジェシーの面白い人ランキングに反応した。

【写真】「金田一少年の事件簿」五代目金田一・道枝駿佑にプロデューサーが期待

堂本光一、ジェシーの面白い人ランキングに反応

ジェシーがとある番組で「ジャニーズの中で一番面白くなりたい」と発言し、自分は何番目に面白いかという質問に「9位くらい」と回答。自分より少しだけ面白い8位に「トークとか全部含めて堂本光一くん」と回答していたと、ファンから報告がきた。

堂本は「たぶん俺が思う面白いと、ジェシーが思う面白いは違うと思うんだよね」と告白。「俺は福ちゃんみたいな面白さが好きなんですよ」と、後輩ふぉ〜ゆ〜の福田悠太の名前を挙げ「説明しようがないんだけどね、ちょっと斜め上いってるんだよね」と福田の面白さを語った。

最後に堂本は「ジェシー的には、自分よりちょっと俺が面白いと思ってる…」と複雑な心境を吐露。「なんか全然喜べないんだけど、どうしたらいいの」と笑いながらトークを締めた。(modelpress編集部)

情報:文化放送

Not Sponsored 記事】



(出典 news.nicovideo.jp)

【SixTONESジェシーの面白い人ランキングにKinKi Kids堂本光一がwwww】の続きを読む


森本 慎太郎(もりもと しんたろう、1997年〈平成9年〉7月15日 - )は、日本の俳優、タレントであり、男性アイドルグループ・SixTONESのメンバーである 石川県金沢市生まれ、神奈川県横浜市出身。ジャニーズ事務所所属。 2006年、小学3年生の時にジャニー喜多川の目に留まりオーディション無し
44キロバイト (5,195 語) - 2022年7月12日 (火) 08:38



モデルプレス=2022/07/18】SixTONESの森本慎太郎が18日、日本テレビ系情報番組「スッキリ」(毎週月~金曜あさ8時~)に出演。日本テレビ系朝の情報番組「ZIP!」(月~金あさ5時50分~)内の朝ドラマ「泳げ!ニシキゴイ」(7月19日スタート/あさ7時53分ごろ~)にて、お笑いコンビ・錦鯉の長谷川雅紀を演じることへの苦悩を明かした。

【写真】風間俊介の“CDデビュー報告”に森本慎太郎が慌てる

◆森本慎太郎&渡辺大知「泳げ!ニシキゴイ

「泳げ!ニシキゴイ」は、昨年の「M-1グランプリ」で優勝を果たした漫才コンビ・錦鯉の、くすぶり続きの人生を爆笑と号泣で描くホームコメディ。森本が長谷川を、俳優の渡辺大知が渡辺隆を演じている。

◆森本慎太郎、長谷川雅紀の役作りに苦戦

森本は、長谷川を演じる上で大変だったことを聞かれると「すごくある」と話し、「1番難しいのは表情ですね」と吐露。長谷川について「目がすごいカッて開いたりしますし、表情がすごく豊かなので…」と、顔の動きを似せることに苦戦したことを明かした。

また、ともに出演していた渡辺も、役作りについて「自分ではどう映ってるかわからないんですけど、自分なりに楽しく…」と試行錯誤していることを告白。ダンディな声を作るには「お酒をたくさん飲むこと」と本人からアドバイスを受けたといい、撮影の前日にお酒を飲んで声を作っていたとも話していた。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ


Not Sponsored 記事】

長谷川雅紀 (C)モデルプレス


(出典 news.nicovideo.jp)

【SixTONES森本慎太郎、錦鯉・長谷川雅紀役に苦戦】の続きを読む



田中 (たなか じゅり、1995年〈平成7年〉6月15日 - )は、日本のアイドル、俳優であり、男性アイドルグループ・SixTONESのメンバーである。本名同じ。 千葉県柏市出身、ジャニーズ事務所所属。 入所前の2007年、兄・田中聖の初主演作TBS系列ドラマ『特急田中
64キロバイト (8,711 語) - 2022年7月16日 (土) 02:07



 俳優の綾野剛が主演を務める日曜劇場オールドルーキー』(TBS系/毎週日曜21時)の第3話が17日に放送され、クライマックスシーンゲスト出演者のSixTONES・田中樹がはにかんだ笑顔を見せると、ネット上には「デレの破壊力」「可愛すぎる」「心臓ギュン」といった反響が巻き起こった。

【写真】SixTONES・田中樹がマラソン界の絶対的エース・秀島修平を演じる 『オールドルーキー』第3話場面カット

 本作は、現役引退することになった元サッカー日本代表選手・新町亮太郎(綾野)を主人公に、彼が家族のためにセカンドキャリアを切り開こうと模索する姿を描くヒューマンドラマ

 新町の教育係でもある深沢塔子(芳根京子)が、入社当時からマネージメントを担当している秀島修平(田中)は、日本マラソン界の絶対的エース。国際マラソンを前にした記者会見でも表情を変えずに“日本記録更新での優勝”をクールに宣言する。

 しかし、満を持して臨んだレースでまさかの惨敗。秀島は一転してメディアや世間から袋叩きにあってしまう。秀島はレースで敗北したのを塔子のせいにして、担当を新町に変えるようにオーダーする。

 新町は、不調や世間からのバッシングで塞ぎ込んでしまう秀島をサポートしようと奮闘。その一方で、秀島にとって塔子こそがベストパートナーであることを自覚し、秀島と塔子の関係修復に奔走する。

 第3話クライマックス。新町を交えて再び向き合うことになった秀島と塔子。塔子は秀島のマネージメントに戻りたいと頭を下げつつも、その条件として復帰のレースを来年の大会へ変更するように訴える。秀島のこれまでの成績をそらんじながら、大会変更の重要性を熱っぽく説く塔子。そんな彼女に対して秀島が深刻そうな表情で「それが深沢さんが戻ってきてくれる条件ですか?」と問いかけると一転、はにかみながら「全然いいじゃないですか!」と答え、塔子の条件を受け入れるのだった。

 秀島の答えに、ネット上には「秀島さん急にデレたあああ」「デレの破壊力」「秀島さんのデレめちゃめちゃ良いな…」などの声が続出。さらに秀島役の田中が見せた笑顔に対しても「待って今の笑顔リアルに声出た可愛すぎる」「にっこり笑顔に心臓ギュン」「あの笑顔は反則だよ!!」「こんな笑顔向けられたら一瞬にして落ちるわ」といったコメントが相次いだ。

日曜劇場『オールドルーキー』第3話より (C)TBS


(出典 news.nicovideo.jp)

【田中樹のデレ&ハニカミ笑顔に胸キュンwww】の続きを読む

このページのトップヘ