人気グループ・なにわ男子の道枝駿佑が主演する、日本テレビ系日曜ドラマ金田一少年の事件簿』(毎週日曜 後10:30)。このほど22日放送の第4話の場面カットあらすじが公開された。

【写真】黒いマスクが不気味…『金田一少年』怪しすぎる登場人物

 1995年の初放送から幅広い世代の支持を得てシリーズを積み重ねてきた、謎解きミステリードラマの金字塔を実写化。原作は、連載開始から今年で30周年を迎え、世界(12ヶ国)累計で1億部を超える発行部数を記録するなど、日本のみならず、世界市場で圧倒的な支持を集めている。およそ8年ぶりとなる新シリーズは、日本ならではの呪いや怪談を題材にしたミステリーを現代の視点で再構築。シリーズ史上最大のスケールで贈る、これぞ“金田一少年”の決定版といえる内容となっている。

■第4話あらすじ

家族で旅行中の一(道枝)と美雪(上白石萌歌)は、とある殺人事件の犯人を追う剣持警部(沢村一樹)と遭遇する。訪れた白蛇村は、旅館の女将、鏡花(りょう)によると、白い蛇を神様の使いとして崇めているという。合流した3人は、怪しげに顔をマスクで隠した男が隣接する酒造に入っていくのを目撃する。そこは白神家が代々営む造り酒屋『白蛇酒造』で、今は音松(小野武彦)が社長として酒蔵を守っていた。

男はその家の次男、蓮月といい、5年前の火事により行方不明だったものの、失った記憶が戻り、2ヶ月前に帰宅。火事の後遺症で顔や声は変わったが、DNA鑑定で血縁関係は証明済みらしい。身元がはっきりした事で、とりあえず引き下がった一たちは、杜氏見習いの鷺森(岡山天音)の案内で、職人の黒鷹(寺島進)たちが作業する酒蔵を見学することに。しかし、その先で樽の中に浮かぶ蓮月の死体を発見して…。

殺されたとみられる時間に唯一蔵の中にいた長男の左紺(吉田悟朗)が疑われるも、その姿は消え、次なる悲劇が…。「白蛇さまの天罰だ!」次々と息子を失い取り乱す音松。事件の謎を探る一だったが、そこには愛憎渦巻く白神家一族の真実が隠されていた。

22日放送『金田一少年の事件簿』に出演する上白石萌歌、道枝駿佑、沢村一樹 (C)日本テレビ


(出典 news.nicovideo.jp)

金田一少年の事件簿』(きんだいちしょうねんじけんぼ)は、天樹征丸(原案→原作)、金成陽三郎(原作、case2巻まで)、さとうふみや(作画)による日本漫画作品、及びこれを原作とする一連作品群総称。ミステリーを題材としている。略称は『金田一』。 『週刊少年
150キロバイト (23,494 語) - 2022年5月16日 (月) 15:27



<このニュースへのネットの反応>

【道枝駿佑“金田一少年”が愛憎渦巻く『白蛇蔵殺人事件』に遭遇 『金田一少年の事件簿』第4話あらすじ】の続きを読む