【ジャニーズまとめサイト】 当ブログは主にジャニーズ・芸能情報まとめサイトとなります。

#鋼の錬金術師


映画『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』(6月24日公開)の予告編が2日に公開された。

同作は2001年から2010年にかけて『月刊少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)で連載された人気漫画の実写化作。亡き母を生き返らせようと、禁忌を犯して挑んだ"人体錬成"に失敗し、左脚と右腕を失った兄エドワード・エルリック(山田涼介)と、身体全部を持って行かれ鎧に魂を定着させた弟アルフォンス・エルリック(水石亜飛夢)の物語を描く。

予告映像は「色欲(ラスト)、強欲(グリード)、怠惰(スロウス)、暴食(グラトニー)、嫉妬(エンヴィー)、憤怒(ラース)、傲慢(プライド)。七つの感情をホムンクルスとして切り離してますます人間から遠ざかっているぞ」という、エルリック兄弟の父親であり物語の鍵を握るヴァン・ホーエンハイム(内野聖陽)の台詞から始まる。ホムンクルスの生みの親であり、不気味にもホーエンハイムと全く同じ見た目を持つ最後の敵“お父様”は「私は人間になりたいわけではない。完全な存在になりたいのだ」と表情もなく言い放ち、2人の間には不穏な雰囲気が漂う。

また主人公エドワード・エルリック(山田涼介)をはじめ、ウィンリィ・ロックベル(本田翼)、ロイ・マスタング(ディーン・フジオカ)、リザ・ホークアイ(蓮佛美沙子)、エンヴィー(本郷奏多)、キング・ブラッドレイ(舘ひろし)、セリム・ブラッドレイ(寺田心)なども登場。ついに開かれる真理の扉の前には、禁忌とされる人体錬成を行い、肉体の全てを失ったアルフォンス・エルリック(水石亜飛夢)の本来の姿も。

山田は、父親であるホーエンハイムとして内野の参加が決まった時に「髭などのビジュアル面で、どのように内野さんがホーエンハイムになっていくのか、ワクワク感がありました。現場でお会いした時には、原作から飛び出てきたんですかというビジュアルでした」と当時の心境を振り返る。内野はホーエンハイムという役柄を演じるにあたって「この父と子の関係性は少し特殊で、情けないというか抜けたところがあるので、新鮮な感覚でした」と明かしている。山田の印象については「山田さんの魅力が凄く出ている、格好良いエドの印象がありました。今回ご一緒して(演技が)自由自在なんですよ。そこがとても頼りがいがありました」と、信頼を寄せた。

実際に撮影現場では、内野が山田の緊張を解いた場面もあったという。山田は「エドが父に暴言を吐くシーンがあったのですが、内野さんから”もっと来ていいよ”と言っていただいたので、遠慮なく演技できました。凄くありがたかったです」と語り、内野も「山田さんの(元々ある)礼儀正しさを抜いてほしくて、伝えました」と互いにリスペクトし合いながら演技プランを重ねていった。

完結編の中でも『最後の錬成』で、山田はエドと青年時代のホーエンハイム、内野はホーエンハイムと”フラスコの中の小人”と、それぞれが複数の役柄を演じ分けた。山田は役柄の演じ分けについて「ホーエンハイムの青年時代を演じたときに、喋りのテンポは内野さんを参考にしました。また、内野さんのほくろの位置も参考に描かせて頂きました(笑)」とエピソードも。一方で内野も、山田が演じる青年時代のホーエンハイムについて「私の若い頃がこんなに色っぽくていいのかというくらい、魅力的でした」と語った。

(C)2022 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2022 映画「鋼の錬金術師2&3」製作委員会

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

山田 涼介(やまだ りょうすけ、1993年5月9日 - )は日本の歌手、俳優、タレント。男性アイドルグループ・Hey! Say! JUMPのメンバー。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。 小学生の時からサッカーを始め、プロのサッカー選手を目指してプロサッカー(Jリーグ)チームである湘南ベルマーレの
34キロバイト (3,947 語) - 2022年5月31日 (火) 06:44



<このニュースへのネットの反応>

【内野聖陽、自分の若い頃を演じる山田涼介に「こんなに色っぽくていいのか」】の続きを読む


Hey! Say! JUMP山田涼介・本田翼ら、原作者選出見どころベスト3の場面写真解禁「PERFECT GUIDE」第3弾も配信<鋼の錬金術師 完結編>


鋼の二つ名を持つ錬金術師エドワード(エド)と鎧弟アルフォンス(アル)。兄弟は流行り病で亡くなった母親を生き返らせるため、人体錬成という禁忌を侵し、失った肉体を取り戻すため、賢者石を探して旅をしていた。旅途中、錬金術師を狙う男・傷男(スカー)に襲撃されるが、焔の錬金術師
106キロバイト (14,291 語) - 2022年5月30日 (月) 03:15



モデルプレス=2022/05/19】Hey! Say! JUMP山田涼介が主演を務める映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』(5月20日6月24日二部作連続公開)の原作者・荒川弘先生が選ぶ『復讐者スカー』の見どころベスト3の場面写真が解禁。さらに、本作の「PERFECT GUIDE」第3弾「#3 MESSAGE」も配信された。

【写真】神木隆之介、山田涼介・知念侑李・中島裕翔ら“豪華すぎる同級生”との高校秘話を初告白

山田涼介主演「鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成」

2001年に月刊「少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)で連載が開始するや、魅力的なキャラクター、緻密に練られたストーリー、圧倒的で唯一無二な世界観で、世界中から愛される大ベストセラーとなった漫画「鋼の錬金術師」。錬金術が存在する架空の世界を舞台としたダークファンタジーの人気は、連載終了した今も留まることを知らない。

連載開始20周年新プロジェクトとして発表された実写二部作では、エドとアル兄弟の物語の最終章を、原作のままに映像化することにこだわった国家錬金術師の抹殺を誓う男スカーとの対決を描く『復讐者スカー』。国家を揺るがす巨大な陰謀に導かれていく『最後の錬成』。物語の壮大なラストを描くには、どうしても二作が必要だった。

主演は前作に引き続き山田が務め、主人公で“鋼の錬金術師”の二つ名を持つ国家錬金術師エドワード・エルリックを演じ切る。また本田翼をはじめ、ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子本郷奏多らが続投。そして本作から登場する新キャストに、内野聖陽や新田真剣佑、舘ひろし、渡邊圭祐、黒島結菜山本耕史栗山千明山田裕貴ら豪華俳優陣が名を連ねる。

幼い頃に亡くした母親を蘇らせようと行った錬金術の禁忌とされる人体錬成により、失われた身体を取り戻そうとする兄弟が最後に出した答えとは…?原作を愛するキャストスタッフ陣が、『鋼の錬金術師』という唯一無二の作品世界を圧倒的スケールで描き切る、堂々の“完結編”。そして今回の二部作では入場者特典として、原作者・荒川先生による描き下ろしのスペシャルイラストカードが配布されることも発表されており、原作と実写映画のコラボレーションによって、エドとアル、兄弟の旅の結末を盛り上げる一大プロジェクトとなっている。

本郷奏多ナレーション役「#3 MESSAGE」配信

「『鋼の錬金術師』PERFECT GUIDE」第3回目の配信「#3 MESSAGE」では、ナレーションを実写版でエンヴィーを務める本郷が務める。番組内では一足先に本作を見た原作者・荒川先生からのメッセージを紹介。前作を観てからオリジナルキャストでの完結編を切望していたという荒川先生は、「エドとアルの旅を最後まで描き切ってもらえて本当に嬉しかったです。原作が凝縮されているので、イベントが目白押し。本当に全部が見どころなので、原作ファンのみなさまにも是非観ていただきたいです」と期待を語ると共に、“お父様”との壮絶な最終決戦が描かれる『最後の錬成』についても触れている。

さらに、本映像では荒川先生が選ぶ『復讐者スカー』の見所ベスト3も発表。実写版ならではのお気に入りポイントを明かした。

また、アニメ版で主人公エドを演じる朴璐美からもコメントが到着。特番には、現在、大阪府ひらかたパークで開催中の原画展『20周年記念鋼の錬金術師展 RETURNS』の内覧会に、実写版主演の山田と訪れた際の様子と、Wエドでの対談の様子が収められている。原画展の見学を通じて興奮冷めやらぬ様子の2人が「生きている感じがする」、「荒川先生の体内に入っていく感じがする」など、改めて『鋼の錬金術師』の持つ圧倒的なパワーを感じる一幕も。

また朴が実際に『完結編』の撮影現場に訪れた時のことも振り返りながら山田が、「朴さんのお芝居を何度も何度も観返して撮影に臨んだ」というエピソードも明かされ、アニメ版と実写版、それぞれでエドを演じた2人にしかできない話の数々が収められており、原作ファンアニメファンはもちろん、『鋼の錬金術師』という作品を知る誰もが映画をより観たくなる仕上がりになっている。

山田涼介本田翼ら、原作者選出見どころベスト3の場面写真解禁

そして、荒川先生が『復讐者スカー』の見どころベスト3に選定したシーンの場面写真も解禁された。第3位はエドとアルが旅の途中で出会った、不老不死の力を求めて賢者の石を狙うシン国の第十二皇子リン・ヤオとやり取りするシーン。第2位は国家錬金術師に復讐を誓った傷の男”スカー”との対決で、エドがウィンリィに銃を手放させるシーン。そして第1位は、リンの護衛のフー(筧利夫)が、怪我を負った孫のランファンに、「腕、無いのか」と呼びかける、原作ファンの中でも名場面と名高いシーンとなっている。各シーン前作から引き続き登場するキャラクターたちと今作から参戦するキャラクターたち、それぞれの魅力が濃縮された一幕となっており、原作でも人気の各シーンが、映画ではどのように描かれているのか。

エドとアルの前に現れた、国家錬金術師に恨みを抱え、抹殺を誓う、最強の復讐者“スカー”圧倒的な強さを持つ、スカーとの対決を乗り越え、兄弟二人は元の身体を取り戻せるのか。国家の根幹を揺るがす衝撃の真実とは一体?シリーズフィナーレを飾るハガレン完結編が幕を開ける。荒川先生も太鼓判を押す、迫力溢れる名シーンの数々、求め続けた身体と引き換えに、兄弟が出した答えとは。荒川先生が選ぶ見どころシーン、エドとアル、兄弟の旅の行方を、劇場のスクリーンで堪能することができる。(modelpress編集部)

Not Sponsored 記事】

山田涼介、本田翼(C)2022 映画「鋼の錬金術師2&3」製作委員


(出典 news.nicovideo.jp)

【Hey! Say! JUMP山田涼介・本田翼ら、原作者選出見どころベスト3の場面写真解禁「PERFECT GUIDE」第3弾も配信<鋼の錬金術師 完結編>】の続きを読む

このページのトップヘ